ずっと気が付かずにいたのだが、今になってマサルの寝息が少し荒くなっている気がする。
「ねえ、お姉ちゃん、何か手が濡れてきたんだけど……」
 まさか……、まさかこんなに小さい子が、いや小さいちんちんが射精するなんてありえるのかしら……。
私は思わず「いいから、もう少し続けてみて」と催促した。
「うん……、こんな感じかな」、ミサキは手を上下させているというよりも、ただ小さく振動させているよ
うにしか見えなかった。それもこの大きさじゃしょうがない。よく先端部を見つめていると確かに湿り気が
見られる。
「うぅ……、うぅ……」、マサルは鼻から抜けるような声を微かに上げる。感じているんだ
……。膝をわずかに曲げ、腰が少し引けた形になる。かわいい……。私はマサルが起きるかもしれないとい
うリスクを背負う覚悟で、もういい、とばかりに「代わって」とささやいた。
「おっけー」、そう小さく言うとミサキは私からカメラを受け取った。いやはや……、いざ眼の前でこうも
きれいな曲線を描かれると、興奮のあまり頭がくらくらしてくる。あらためて私はそれに手を伸ばす。今度
は私の小指くらいになっているようだった。ピンッと人差し指で弾くと、それはバネでも入っているかのよ
うにプランと揺れる。親指と人差し指のあいだにそれをチョンと摘まむと、確かに手ごたえがあった。わた
しは皮を剥くようにそれを下の方にずらし、先端を見つめてみる。しかし、やはりそこには亀頭らしきもの
は少しも見当たらず、いかにも子供らしく先端にちょこんと皮が残っている。マサルの態度と同じでそれも
どこか強がっているように見えた。私がしばらくその状態を保っていると、マサルの腰が左右に動く。無意
識にこの快感から逃れようとしているのか、くねくねと腰を動かす。「んー……」再びマサルの息遣いが激
しくなる。それを見て私は指を上下に動かした。
 ミサキは左手を伸ばし、人差し指でタマをプニプニといじり始める。姉妹のダブル攻撃にマサルは体をモ
ジモジと動かし逃れようとする。逃がしはしないわよ……、私はもう一方の手で太ももをなでる。マサルの
眉間には薄らとしわがよっていた。もう少しかしら……。