俺の会社の宴会は二次会が、とんでもない。

業種はランジェリーの製造
おそらく業種が特殊だからだと思う。

脱がせるくらい序の口で、おっぱいを出さずに済む女子は
まずいない。

女子は三人に一人がパンツまで脱がされるし、
男もフリチンが何人も続出する。

セクハラで訴えられても不思議じゃないが、
騒ぎが起きたことはない。

まじめな社員や脱ぎたくない女子は、さっさと部屋に
引き上げてしまうので、参加するのはせいぜい三分の一だが、
もともと女子社員のほうが多い職場なので、男女の比率は悪くない。

新入の男子社員は目隠しをされ、先輩女子社員の生おっぱいを
背後から触って、誰だかあてるゲームを毎年やらされる。

新人女子もトップレスで一人ずつ挨拶し、男性経験を言わされ、
男子と似たようなゲームで男性のパンツに手を突っ込まされる。

そのほか、プロ並みのストリップを見せる女子もいて、
なかなか楽しい。

実際には既婚女子社員でも会社の男性とやっちゃうのがいて、
昨夜隣がうるさかったなんて話を翌朝耳にする。

新入社員は原則強制参加。以後は強制でなく任意。
新入社員の通過儀礼みたいなものだ。

中途採用の既婚者でも同じ。
転職してきた30代の主任も、
「主人を含めて5本、主人とは週2」と言わされていた。

商品開発会議では新作のブラジャーやショーツをその場で
何着も試着するなど普通にある。

わざわざ別室や更衣室で試着して会議室に戻るなんて
ことはやらない。

着けやすさ、履きやすさ、脱ぎやすさを本人以外の
第三者も観察して評価するので人前でやる必要がある。

だから概してみんな脱ぎ慣れていると言える。

入社したての頃、男性用の下着の開発に携わったことが
あったが、男性の場合、モノが大きくなったとき生地に
どれぐらい余裕があるか、なんてことも話題になる。

商品開発会議には女性のメンバーも参加しているので
大きくなったものを女性の目の前にさらさなければならず、
最初は恥ずかしかったが、仕事だと思うとすぐに慣れた。

大きくする時は妄想でやる。できなければ女子社員の
前でも自分でシコシコするしかない。

女子社員が手伝うことはない。
声援もなくシラーッとした中でやらされる。

だから社内旅行で目にした女子社員の裸は記憶しておいて
会議室に集まっている女子社員の服の下を想像したり、
「この子は彼氏と週4でやってるって言ってたけど昨夜は
したのかな」なんて想像してるとけっこうちゃんと大きくなる。

以前はブーメランパンツなどたくさん開発していたが、
最近は男性用は縮小され、今は年2回ぐらいしか会議は
やってないと思う。

女性用は数も多く、定例でも月2回あるし、開発部だけ
でなく他の営業の女子職員も交替で試着に呼ばれるので、
長年開発部にいると、かなり多くの女子職員のおっぱいを拝める。

ショーツはブラジャーに較べると開発数が少ないので
女子職員のアンダーヘアが見れるのは月に一度あるかないかだ。

二年前までカタログのモデルも女子職員がやっていたが、
アンダーヘアスケスケのカタログが婚約者の親にバレて問題
になったことがあり、現在ではプロのモデルを雇っている。