前編は以下のとおり

待ってる間にこれから起こることへの期待で、
俺の愚息は当社比120%の硬度を取り戻していた。

わざと隠さずに屹立させたまま待っていた。

Sが戻ってくると目論見通り
「わ、すごい、やる気だね~w」
と愚息をさわさわと優しくなでた後、
ぬるんっといった感じで口の中に飲み込んでいった。

これがまた気持ちいい。
プロ以上の舐め技。さすが完全調教済み物件w
そしていよいよアナル初体験。

本能のままむさぼりあった、さっきとは違い、
「まず少し広げないといけないから、舐めて」
(ソープの味がするw)

「ん、んっ小指入れて。最初は動かさないでね」
などとSの指示を忠実にこなしていく

そして最終的に重ねた二本指をすんなり飲み込むようになってから
「いいよ、じゃあゆっくり入れて」と仰向けになって両足を抱える。

正直、なんか事務的だなーなんて思っていたが、
結構興奮もしてて愚息はカチカチ。

そして挿入。
最初はなかなか入らず入り口ではねられる感じだったが
そのうち意外とすんなり入っていった。

尻の中は前よりももっと全体が締め付けられる感じだった。

直接的な刺激よりも視覚や後ろに入ってるという事実で
より興奮した

ふーっふーっ
と腰を動かすたびにあえぎではなく、ため息のような
声を出すSを見て (あれ?女はあんまり気持ちよくないのかな)
と思ったが、そのうちに変化がw

目の焦点が合わなくなり
「あーあー」と抑揚のない喘ぎ声というより
「哭き」が始まり

だんだん「ヴーブァオー」という獣のような
咆哮に変わっていった。

これはめっちゃ興奮したw
こんな美人がケダモノになってるwww

バックから前から突きまくって正気を失ったように
よだれを垂らしてよがる

美人の顔を堪能しながら腸内放出w

終わった後「いやめっちゃ興奮したわ」
「本当?私も久しぶりによかった」

などとお互いの健闘を称えあい(?)
そのまま俺の部屋で就寝。

翌日は直帰だったので途中のインターで下り、
ホテルのSMルームにしけこんで楽しんでから帰った。

その後1年くらいは関係が続いた。
お互い恋愛感情はなかったと思う。

もしかしたらSは変態上司の代わりを
俺にさせたかったのかもしれない。

俺はこんな変態美人エロ兵器を作り上げた
その男の手腕に軽く尊敬の念を覚えていた。(終)