高校3年の時、同学年の超可愛い野球部の女子マネージャーに
初フェラをしてもらいました。

もともとマネージャーとは相思相愛みたいな感じだったんです。

あとは付き合うのはきっかけ一つ、タイミングの問題だけだなあ、
と思っていたら、

マネージャーと自分の誕生日プレゼントの話になって…。
俺の誕生日に冗談まじりに『フェラしてくれと』頼みました。

そしたら、マネージャーが驚いた顔で、恥ずかしそうに、
「フェラって?本当に?本当に?本当に?本当に?本当に」
って10回ぐらい何度も繰り返して…。
最後に『考えておくね』って言ってくれたんです。
フェラをはっきりと拒否せずに断らなかったんです。

その後、誕生日前日にマネージャーにメール連絡して、
もしフェラがオッケーなら誕生日当日の野球部の練習に
白いTシャツを、NGで駄目なら黒いTシャツを着用するように
頼みました。

我が野球部のマネージャーは部のルール、決まりで、
練習時に着用できるTシャツの色が白と黒の2色のみなんです。

ピンク、青、緑とかの白黒以外の色は練習時には着用できない。

白黒の色であればマネージャーの気分次第で、どちらの色でも
かまわないんです。

フェラをするのか?しないのか?
マネージャーの気持ち、本心をTシャツの色、
白○黒×で伝える事に、マネージャー自身も同意しました。

言葉で直接伝えるのが恥ずかしいとの理由からです。

そして迎えた誕生日当日、マネージャーはフェラをオッケーする合図の
白いTシャツを着て来ました。

フェラOKの白いTシャツを着て部室に現れたマネージャーを
見た時には興奮して勃起しました。

その後すぐにマネージャーの方から→自分のところにきて、
二人きりの状況を作り

『私、頑張ります』『フェラ、初めてだから』
『経験ないです』『まだ処女です』
と言ってくれました。

予想どおりマネージャーは処女でした。

会話にして1分ぐらいだったけどその時の二人の世界、
光景は今でもはっきりと覚えています。
人生で1番大興奮したから。