俺の趣味は女子高生のあとを着けて行くことです。
音楽を聴きながら歩いてる女子高生は逆さ撮りをしたり、夜道を歩いてる女子高生は背後から胸を揉んで逃げたりしてます。
そして今日、テニスラケットを持った部活帰りの女子高生を着けました。
人通りが少ないところに行ったので、逆さ撮りの準備をするため一旦隠れたら、俺と同じように隠れてカメラをいじってるおっさんがいて、俺に気付いたらしく、近付いてきてこう言いました。
「君も撮るんでしょ?だったら、2人で組んで生おっぱいと生マンコ撮らない?」
俺は、1人じゃ不安だけど2人ならいけると思いおっさんと組みました。
女子高生が駐車場の近くを通ったときにおっさんが女子高生を羽交い締めにして連れていき、おっさんが口を塞いでる間に俺が服を破かないように脱がせると、ぷるんぷるんのおっぱいが出てきました。
俺はそれを揉みながら、おっさんの顔が映らないように嫌がる女子高生の顔を撮ったりしました。
おっさんが女子高生のおっぱいを揉みつつ、「そろそろマンコいったれ!」
と言ったので、カメラをスカートに視点を変え、ゆっくりと脱がせました。
白いパンツで、染みがないのは残念でしたが俺はそれをポケットに入れ、スカートを捲っていろんな角度から撮りました。
我慢できず、指で弄ったり舐めたりしてたらおっさんが、「そろそろ交代だ!お前ばっかりズルいぞ!」
と言ったので交代しようとおっさんが手を話したら女子高生が逃げようとしたので手を掴んだら振り払われました。
5Mくらい追い掛けたんですけど、さすがにおっさんと貧弱な俺では現役で運動部に所属してる女の子には追い付けず、おっさんと一目散に女子高生とは反対の方向に逃げました。
途中で、「これをコピーするのメンドイな、それにパンツも俺が欲しいし。」
って思ったんでおっさんが左に曲がったところで少し引き返し、民家に隠れました。
しばらくして、駅まで行って家に帰り、妻の紀子とドラッグ決め込みました。
でも捕まりました。
僕は自称サーファー。