20年以上前の夏に、九州北部に広まった。都市伝説があった。内容は、次の通り、
可愛くて、細身で、ショートカット、背は小さく、パイパンのサセ娘がいて、かなりの男が、ヤっていた。一晩で、何人も相手してるってな感じだ。
俺も、出会った。夏の夜に、散々ナンパを失敗して、
諦めて、風俗にでもって考えて、車に戻ると、可愛い女が、ボンネットに座ってた。ピンときて、車に載せて、すんなりとラブホでヤったんだけど、気になってる事が、生セックスだったって事だ。
夏の終わりに、
噂を耳にした。
それは、○○小学校の女子児童が、AIDSで、死んだが、移された恨みでこの夏に、ヤリまくったって、内容だ。俺は、青ざめた。良く良く考えたら、生のあの娘は、無毛で、ペチャパイだった。周りの仲間も、何人も覚えのある。奴ばかりだ。(今と違い携帯は、アナログでカメラ機能なんて無い)ざわめきたち、保健所に行くかって言うが、
怖くてさ。まず、夜の町で、その女探しが、始まったが、見つからないそんなある日、
友達の友達が、その女のポラを撮影してるって聞いて、直行した。あるは、あるは、ヤった女のポラが、ザッと100枚以上。しかし、共通の女を発見した。
みんな肩の力が抜けて、しゃがみ込んだ。
未だに仲間は、
誰一人検査をしてないが、誰も発症して無いところ、大丈夫なんだろう。