以前一人暮らしをしていた時の話です。
かなり前に別れた元彼のカオリから携帯に着信があり出てみると仕事の研修で俺の住んでる街に来ているとのこと。
はじめは友達の家に泊めてもらう予定だったがドタキャンされ泊まるところが無く困っているようで
M君(俺)の家に泊めて欲しいと言われ、いろいろな事を考えながら爽やかに『もちろんいいよ!』と答えた。
しばらくすると再び携帯に着信があり俺の住んでる駅まで来たとのこと。
駅まで迎えに行き3年ぶりくらいに再会する。以前よりかなり大人っぽくなっていてビックリする。
カオリ:『ひさしぶり~、こめんね突然・・・。』
俺:『いや、ぜんぜんいいよ。』
なんて感じで世間話をしながら俺の家へ向かいました。
家につきちょっとくつろぎお腹が減ったなんて言われるものだから手料理でもてなしあらかじめ買っておいた
ワインをあけカオリに飲ませる。カオリも料理までだされワインのある状況にかなりいい気分になったのか
いいペースでワインを飲んでいく。
ご飯も終わりまったりした感に・・・。二人掛けの小さなソファーに座りテレビを見ているうちに徐々に距離を縮めて行く。
カオリの太腿に手を乗せると無言でその手を払いのける。めげずに繰り返しているうちにカオリが
『もう寝るからシャワー浴びていい?』と聞いてくるので浴室まで案内しカオリはシャワーを浴びる。
俺は来るべき勝負のときの為に必死で浴室に乱入するのをこらえソファーでくつろぐ。
しばらくするとカオリがシャワーから戻ると入れ替わりで俺がシャワーを浴びる。
すみずみまで入念に洗いいざ勝負へと部屋に戻ると、カオリはすでにベッドで爆睡?
近づいてカオリの顔をのぞくと明らかに寝たふりをしてる感じだ。俺もベッドに入り攻撃開始!
まずは背中側からカオリの胸をTシャツの上から揉む。するとカオリが『いや』と小さい声で言う。
かまわずに揉み続けると更に『そんなつもりじゃない』と言うがカオリもまんざらでもない。
エンジンがかかってきた俺はTシャツの裾から手を入れてブラの上からカオリの胸を揉みまくる。
そしてブラの中へ手を入れ胸を揉むとカオリの乳首はかなり起っている。
そのころにはカオリも『あっ』と感じ始めている。
ここで俺がTシャツを脱ぎ上半身裸になるとカオリが『なんで裸になるの~?そんなつもりじゃないよぉ~』なんて言うので、
俺が『ここまで来といて何もさせないの?』と言うとあきらめたのか無抵抗になる。
そこからはもうこっちのものでブラとパンティー姿のカオリに舌をからめてキスをするとカオリのくちから
『あぁっ』といやらしい声が漏れる。
すかさずカオリの水色のブラのホックをはずし胸を観察。大きくはないが形が良く乳首も綺麗だ。
カオリを寝かせ乳首を揉んだり舐めたりと愛撫を繰り返しているうちにカオリは
『あぁ~ん、いいよ、M君』なんて喘ぎはじめている。それを聞いてこんどは下へ。パンティーをずらし割れめをやさしく
撫でると徐々に濡れ始めてきた。左手で乳首を、右手でマ〇コをいじるとカオリは身体をくねくねさせながら
『あ~ん、気持ちいい~、いいよぉ~』といやらしい喘ぎ声で俺を刺激してくるので俺もパンツを脱ぎギンギンのチ〇ポを
カオリの顔へ近づけると俺のチ〇ポを咥えて激しく前後し始める。ジュルジュルといやらしい音を立てながら俺のチ〇ポを
激しくしゃぶる姿にイキそうになったのでチ〇ポを口から抜き俺が横になりカオリを上にしカオリに俺のチ〇ポを持たせて
騎上位で生で挿入。はじめは拒んでいたカオリもこの頃には自らグラインドするほどに・・・。
俺:『もっと動けよ~』
カオリ:『M君が下から突いてよぉ~』
そう言われて俺が狂ったように下から突くと、
カオリ:『あああぁ~ん、いい!イっちゃう~』と言って10秒もしないうちにイってしまった。
そこから正常位になりまた激しく付きまくる。
カオリ:『ああ~ん、またイっちゃうよぉ~』
俺:『 何度でもイカしてやる』
カオリ:『お願いぃ~、イカして下さい~!』よりいっそう激しく突く。
俺:『ああっ、イク~、中に出すぞ!』
カオリ:『ああぁ~ん、中はダメ~!ダメだよ~ん』
俺:『ああっ、ああ~~~!』カオリの拒みを無視して思いっきり中に出してやった。
カオリ:『えぇ~!?中に出したの~?』カオリが少し困惑気味で言ってきたので
俺:『ゴメンね。気持ちよすぎてガマンできなかったよ』そう言ってカオリの顔に精液と愛液がベットリついた俺のチ〇ポを
近づけるとペロペロとお掃除フェラをしてくれた。
それから2人でシャワーを浴びて浴室で1回、ベッドで1回すべて中で出してやった。
次の日の朝起きて時間を見るとカオリの研修の時間はとっくに過ぎていたのでカオリもあきらめたらしく
その日も1日中カオリとセックスをしまくった。
今では俺もカオリの住む地元に戻り週1でセックスをしている。基本中出しで・・・。
お互い彼氏、彼女がいるのにね~。