前編は以下のとおり

水樹さんから「今日来るとー?」ってメールが来たので、
「水樹さんがよければ行くよ」って送っておいた。

「19時位には家にいる」ってメールが来て、
どうせ水樹さんの部屋に作業着とか下着の替えは置いてあったので、
会社帰りに直行した。

その日は片付けとか明日の準備とかで8時位に会社をでた。

20分位で水樹さんの部屋に着くと、
水樹さんはすでに1人でチューハイを一本飲んでいる途中だった。

酔っ払っているようで
「何で遅れるって言ってくれんとー」って甘えて言ってきた。

ゴメンゴメンと謝ってとりあえず風呂に入って一緒にごはんを食べた。

俺が旨い旨いと言ってごはんを食べるもんだから機嫌を直してくれた。
一緒に歯磨きをしたのだが、俺は毎日10分位歯を磨くもんだから
先に歯磨きが終わった水樹さんはベッドでゴロゴロしていた。

この日の部屋着もまたかわいかった。今度は真っ白のフワフワした
生地のパーカーとショーパンのセットアップだった。

ショーパンだから体育座りするとお尻のギリギリラインが見えるのだ。
これにむたムラムラした俺は水樹さんに了解を得た。

「Hしていい?」と。
水樹さんは笑いながら「いいよww」と言ってくれた。

また例のごとく水樹さんを責め立てた。
この頃には挿入前に水樹さんをイかすというのが恒例になっていた。

水樹さんが2回程痙攣したところで、
さぁ入れようかねと思ってゴムを付けようとすると、
水樹さんが「クチでしようか?」と言ってくれた。

オレは光の速さで頷いた。
水樹さんが「ベッドに寝て」と言うから言われるがままにした。

今まで素人のフェラーリではイった事は無かったが、
水樹さんはプロと思うくらい上手だった。

フェラーリは玉をナメながらの竿コキから始まった。
それが絶妙な力加減でとても巧いのだ。

何度もイキそうになったが、意地で耐えた。
よくやったと思う。

水樹さんは竿コキをしながら足の付け根を舐めたり、
裏スジをナメながらさきっぽをいじくり倒す、
というテクニックを見せ付けてきた。

イキそうだったが、まだくわえられてないのでガマンした。
するとついに水樹さんがチンコをくわえてきた。

水樹さんの口はとても温かく、唾液がとめどなく溢れてきて、
チンコをくわえこむたびにグチョグチョといやらしい音を立てていた。

水樹さんはフェラーリの時に手は絶対に使わないのだ。
それでもかなり気持ちよかった。

イキそうなので、「出るよ」って言ったら
コクコクと首を揺らしたので、口の中で思いっきり果てた。

水樹さんは「んっ、んっ」と言って精子を全て吸い出してくれて、
しかもゴックンまでしてくれた。

「ぷはっ」と言って顔をあげると、
渋い顔で苦~いと言ってきた。
その後キスをしてきた。

初めは精子飲んだ後にキスは…と思ったけど
あの顔でこられたら断りきれず、チュッチュッした。

その後ゴムつけてHしたが、敏感なチンコにあのマンコは気持ち良すぎて
開始3分で果ててしまい、

水樹さんは「早いよー。」
と不満そうな顔で言ってきた。

しかしもう愚息が反応する事は無く、
その日はまたイチャイチャして眠りました。