いま大学4年。サッカーで中、高、大と他県に出てたが、
実力不足で結局プロにはなれずで、実家に帰って地元で就職活動した。
一応内定も貰った。

ま、そんな話はさておき、実家はマンションなんだが、
昔、よくしてくれてた同じ階の若い美人ママさんが
良い感じに熟してて堪らない。まさに美魔女な感じ。

俺が実家に戻って久しぶりに顔合わせた時も、何か喜んでくれて、
相変わらずイケメンだね!とか、今度久しぶりにご飯食べにおいでー、
何て色々嬉しい事を言ってくれた。

で、この前、実際にご飯を食べに行ってきた。
美魔女さんの家庭は旦那が単身赴任中で居ない。
だから中学生の子供と2人暮らし。
ちょうどその日は子供が部活で遠征中だった。

美魔女さん宅で料理をご馳走になった。
で、美魔女さんと酒も飲んだ。

美魔女さんは「◯君、帰らなくて大丈夫?お母さん心配しない?」
などと気づかってくれたが、

俺は親には彼女と遊んでくる!と言ってあるし、
この歳でいちいち親も何時に帰ろうがそん心配しないので!みたいに言った。

美魔女さんも
「なら良かった!今日は旦那も息子も居ないから、ゆっくりしていって!」
と言ってくれた。

で、まーサッカーの話とかした。
プロになったら1番のファンになろうと思ってた!とか言われたり、
イケメンでスポーツマンだから大学でもモテモテでしょー?
みたいに、やたら俺を褒めてくれた。

だから、俺も正直に、美魔女さんを褒めた。
「昔から本当に綺麗って思ってたし、今でも変わらず美人!」みたいな。

美魔女さんも、「こんなイケメンに褒められたら嬉しい!」と言ってくれ、
酒の酔いもあったか、だんだんそういう雰囲気に。

ソファーで2人並ぶ形で飲んでたんだが、美魔女さんが
頭を俺の肩にくっつける感じ?寄り掛かる感じかな。

そんで、「酔ってきちゃった。ちょっとだけこうしてて良い?」と言ってきた。
俺は、「良いですよ」と答えた。

シャンプーの香りがフワってきた。
後々分かったが、俺と会う前にシャワー浴びてたみたい。

俺もう我慢出来なくなって、「キスしていいですか?」て言った。
美魔女さんも、「うん。いいよ」て言って受け入れてくれた。

ま、そっからはもう流れのまま。
そのままソファーで最後までヤッた。