まず ゆきちゃんのほっぺに
ちゅって軽くキスしようか
んっ//
(ゆかさんの手を握り体を寄せる)
(ゆきちゃんの腰に手を回して、ゆかの身体にピッタリくっつくよう寄せる)
ゆかさんに虐められたいです。
(恥ずかしくなりゆかさんの首もとに顔を埋め抱きつく)
虐められたいんだ…
(意地悪くゆきの耳たぶを甘噛みする)
いい匂いぃ……
(ゆきの甘い髪の香をかぐ
んぅ…ゆかさん
(耳元で吐息をもらしながら)
ゆかさんの好きにして、いっぱいして…
(向き合ってゆっくりと何度か唇を重ね、舌先を絡め)
あん!
(舌を絡め、ゆかも思わず色っぽい声をあげる)
ゆきちゃんいっぱい可愛いがってあげるからね♥
(ゆきの舌の弱いところを探し刺激しながら言う)
んっ…んぅ、はぁ//
(唾液が絡まる音が感度を上げ、口の端から唾液がこぼれるほど夢中になって絡めたり、吸ったりしてキスを繰り返す)
はぁ、ここも触って?
(ゆかさんの手を胸に導き上目遣いでおねだりする)
んっ…はぁ// …ゆき…可愛いいよ……可愛いいよ…ゆき…
(むしゃぼるように、ゆきの口を求める)
ゆき…ゆきは甘えん坊だね…
(焦らすように段々とゆきの胸の近くに手を近ずけていく
はぁはぁ…いやぁ、焦らさないで//ゆかさんっ
(触れてもらえない手を掴み指先を舐め、しゃぶる)
ほしがりなえっちな子、嫌い?
あぁ……
(指先をしゃぶられ声が出る)
ゆきーーー  ゆきを美味しくたべちゃうよ…
(可愛く催促され、ゆかの心はなんとも言えないあやしい気持ちになった)
ここがいい…? 可愛いい胸…
(ゆきの反応を楽しみながら、まずは大きく胸を揉みだした)
はあっ…そこがいい、です。
(ゆかさんの手から腕へ唇を這わせて欲しがりながら)
乳首虐めて…?
(我慢できなくなり自分で服を捲り上げねだる)ンッ//
焦らさないでぇ、もぅ(下着越しにクリを弄りオナを見られながら胸にあるゆかさんの指と顔を見てシミを広げていく)
ンッンッ…もぅ我慢できないっあっあぁ~
(艶のある鳴き声で泣きながらねだり続けるが焦らされ過ぎて)
どうしよう、おかしくなりそう//ゆかさんっゆかさんっ
おかしくなっていいよ…ゆき…
(高まる気持ちを抑えなが、なおも焦らしていく)
いやらしーね…ゆきの乳首…勃起してるよ
(ゆきのピクピクする反応を見ながら、軽く何度乳首を弾いていく)
アッ!アッ!
(乳首を弾かれる度、ビクビクと身体が反応し)
だめぇ~いくぅ//
逝っていいよゆき…
(しかしそう言いながら、乳首への刺激をやめた)
はぁはぁはぁ…ゆかさんぅ~(あと少しで逝けそうなのを止められ、涙をながしながらゆかさんを見つめ)
ゆかさんに逝かせてほしいです…ゆきのからだ、ゆかさんのだからぁ//
≪ゆかさん…また会っていただけますか?≫