彼氏と遠距離なので、性欲がたまると本当にキツイです。
女の人はたまらない、というのは誰が言い出したのか?

女だって、性欲はたまります。しかも男の人みたいに、
「出せばスッキリ」ってわけではないので、本当に厄介です。

前置きが長くなりましたが、たまった性欲を抱え、悶々としていたので、
ネットで舐め犬を募集してみました。

年齢・身長・体重に条件をつけて募集してみたのですが、
結構な数のメールが来てしまい、

最初は丁寧に読んでいたのですが、 どれもこれも同じに見えてきたため、
最初にメールくれた人に返事を出し、メールの交換や、電話などで、
しばらくやり取りをしました。

女の人とつき合ったこともあるし、仕事も普通のサラリーマンだし、
電話で話した感じも、ごくごく普通の25歳といった感じだったので、
会う日にちを決め、ご対面となりました。

事前情報では、某若手俳優(名前忘れた)に似ているとのことだったので、
ブサイクってことはないよね、と安心して待ち合わせ場所に向かいました。

相手のメールで、服装を聞いて、それらしき人間を発見しました。
ものすごく痩せてて、青白い顔の、おちょぼ口の人がいました。

服装も微妙で、アキバ系の一歩手前な感じで、一緒に歩くのには
少し抵抗がありました。

性格は悪くなく、挨拶をすませると
「あの、俺なんかでいいんですか?」
とおずおずと聞いてくるので、
「嫌」 とは言えませんでした。

相手の顔なんですけど、眉毛がハの字で、目が落ち窪んでいて、
口がすごく小さくて、色白なせいか、
口の周りだけ青々としているのです。

ブサイクではないけど、情けない顔で、想像していたルックスとは、
かなりかけ離れていました。

以下、彼のことは「麻呂」と呼びます。
麻呂と、食事をしてからホテルに行く約束をしていたのですが、
食事の様子は割愛させていただきます。

やたら、チラ見してくるのが気持ち悪くて、私の勘に触りました。

麻呂と、事前にお互いのしたいことと、
NG事項を打ち合わせていたのですが、
麻呂の希望は、「顔面騎乗」でした。

私は、「とりあえず舐めて欲しい」のと、挿入行為やキスは、流れを
見てどうするか決める、と伝えてありました。

食事が終わり、ホテルに向かう途中で、麻呂は肩を抱き寄せてきました。
「すごくいい匂いがする・・・」  
と、髪の匂いを嗅いできます。

こんな情けない顔してても、積極的なんだー、と驚く一方で、
調子に乗りやがって、とちょっとムカっときて、

「○○くん、まだ街中なんだし、ちょっとベタベタしすぎ」
と釘をさしておきました。

麻呂は、ちょっとびっくりしたような顔で肩を抱くのをやめ、
かわりに手を繋いできました。

「これならいいでしょ?これもダメ?」
かわいい顔の男の子に言われたら、ぐっと来るセリフなんだけど、
麻呂に言われてもなぁ・・・。

これから、舐めさせる相手だし、手をつなぐぐらいでぐだぐだ
言ってても仕方ないか、と腹を括り、ホテルへ入りました。

ホテルに入り、バッグを置き、とりあえずソファに座った途端、
麻呂がぎゅっと抱いてきました。

そしてそのままキス・・・の流れになりそうだったので、
麻呂の顎を片手でつかんで、

「今日は舐め犬でしょ。普通にセックスするんじゃないんだけど。
犬だから、私の指示に従って、まずはシャワー浴びてきて。」
と言い放ちました。

麻呂は、元々Mなのか、そんな私の冷たい指示にも
「はぁい」
と素直に従いシャワーを浴びに行きました。

もう、こうなったら、ドS路線で乗り切ろうと決め、
頭の中で、作戦を練っていました。 (次回へ続く)