もう20年以上前の高校時代の話です。
所属クラブで3年が引退した後の2年生で参加した夏合宿。

メンバーは男15人、女4人で
海と体育館が近い古い民宿(毎年恒例で格安で泊めてくれた)、
部屋は2年生用、1年生用女子用の大部屋3部屋。

県内でも結構強い方だった部活だったため、
合宿は本気でヘトヘトになった。

僕は別の部活にも入っており、大会直後の参加で一層きつかった。

朝から夕方までみっちり練習した後、民宿に戻ると
1年用の部屋で皆でワイワイしていた。
僕は一足先にお風呂に入ると夕食をパスして、
「ご飯の後でいいから誰か少しだけ脚を揉んで。」
と特に誰かを指名したわけではなく言って2年用の部屋に戻った。

たたみの上で上半身裸で短パン姿で後輩が来るのを待っていたが、
知らずに眠ってしまった。

何故そうなったのかは分からないが、意識が戻った後の話をすると、
うつ伏せで眠っていた僕は仰向けで、しかも後輩ではなく
同級の女子の美沙と恭子の声がした。

しかも僕の下半身は強烈に勃起状態で、
美沙が小声で笑って短パンの上から触って恭子をアオッていた。

目を覚ますタイミングを失った僕は寝たふりを続けた。
「すごくな~い?ふっとぉ~!」美沙が短パンの上でチ○ポを握る。

「美沙~。止めたほうがいいって・・起きちゃうよ。」
恭子はそう言って美沙を制止しようとしたが、

「ねぇ・・直に見てみよっか?」
「止めたほうが・・」

「見たくない?」
「・・・ちょっとだけ・・」

やばいと思った僕は迷ったが、少しだけ二人の行動が気になり
寝たふりを続けた。

美沙は僕の脚の間に体を挿れ、腰を持って自分の太ももに
僕の両脚を乗せ、短パンとパンツを一緒にずらした。

「うわっ・・でか・・」美沙が興奮して言った。
「ホント・・すごぉ・・」恭子の困惑した声。

その後の会話が少し俺に衝撃を与えた。
「今までの彼氏のチンチンが子供のチンチンかと思える。」

『そうか。美沙はそんなにいろいろ見ているんだ・・モテるし、まあそんな感じだ』
僕の心の声。

「うん・・元カレの倍くらいある・・こんなのフェラしたら顎外れちゃうし、
入れたら痛そう・・」

『えっ?恭子ちゃんも経験済み?・・結構ショック・・清純系だと思ったのに』
少し俺は動揺した。

「ねぇねぇ・・先っぽが濡れてる・・」と美沙。
「え、精子出たの?」恭子

「違うよ・・ガマン汁・・寝ててもイジられると濡れるんだね・・」
「ねぇもう止めようよ・・」恭子の声。

「手でこのままシコシコしたらイッちゃうかな?」
美沙は僕のチ○ポを事もあろうに手コキし始めた。

気持ちいい・・俺は思わず「んん・・」と感じて声を漏らした。
「起きた?・・恭子、見て・・」美沙が慌てた。

恭子の顔が俺の目の前数センチ辺りにある気配。
「多分・・大丈夫・・・」と恭子。

「ねぇ・・そのままキスしちゃいなよ・・M君の事好きだって言ってたじゃん。」
「え・・?ダメよ・・」そう言って恭子がためらった。

それでも更に煽られ、僕の唇に柔らかい恭子の唇の感触。
「いやん・キスしちゃって・・・」笑う美沙。

「ねぇ・・もう起きちゃうよ・・・」と恭子。
「もうちょっとでイクんじゃない?・・見てよ、お腹までガマン汁が垂れてるよ・・」

僕はさすがに二人の前で発射する勇気がなく、
「ううーん」と起きそうな振りをし、寝返りを打った。

美沙は慌ててズボンを戻し、二人は部屋を出て行った。
翌日、何事もなかったかのように練習し、
打ち上げと言うことで民宿近くの公園で皆で花火をした。

僕が遊具に腰掛けていると、隣に恭子が腰掛けた。
「ねぇ、昨日のこと、覚えてる?」と恭子。

「え?あぁ・・みっさんと恭ちゃんがマッサージしてくれたんだって?」
僕はあくまでも寝てたと強調。

「覚えてないんだ・・そっか・・・」と恭子。
しばらくして、居てもたっても居られない感じで恭子が耳元で
「いつから起きてたの?」と聞いてきた。

「は・・?・・いや・・べつに・・その・・」明らかに挙動不審な僕に
「私知ってたよ・・M君が起きてたの・・キスした時、耳真っ赤になってたし・・」

僕は誤魔化しきれず、手コキでイキそうになり
慌てて起きそうなふりをした事など話した。

「ごめんね・・」と恭子
今度は僕の方からキスをした。
それから公園を離れ、皆より一足早く部屋に戻って僕は恭子の体を求めた。

だがその時は恭子の小さく可愛い乳房を揉んだり舐めたりまで。
恭子の手で昨日の続きと言うことで発射させられ終了となった。

そのまま順調に恭子と付き合うと思っていたが、
その年の冬に僕は美沙と付き合い、SEXし、脱童貞となった・・・

恭子としなかった理由は、ただ単にさせて貰えなかっただけ。
後で美沙から聞いたが、実は恭子はフェラまでしか経験がなく、
僕のデカチンが怖かったそうで・・・
(投稿者 MM)