15VLieO8d7o(11/09/1818:49)

トルコから和歌山へ 121年前の「軍艦エルトゥールル号」遭難の恩

 121年前の恩返しが、和歌山県の復興を後押しする。1890年(明23)に同県串本町沖でトルコ船「エルトゥールル」が沈没し、地元住民に救助されて以来、トルコは日本との友好関係を継続。台風12号による紀伊半島豪雨を受け、都内のトルコ寺院を救援物資の集積所として提供している。トルコ大使館は、今後の人的・物的支援を予定。東京・六本木のトルコ料理店は、和歌山県内の被災地で出店する意向を示すなど、支援の輪が広がり始めている。

 トルコ寺院「東京ジャーミイ・トルコ文化センター」の地下室には、下着や衣類、紙オムツ、即席ラーメンが入った段ボールが積まれていた。台風12号の被災地は、個人からの少量の支援物資を受け付けていないため、全国からの小口荷物をいったん、同寺院に集積。大口荷物にして、第1便の4トントラックを13日に和歌山県庁に送った。

 20日にも第2便が和歌山に向かう予定。支援活動の担当者は「トルコと縁の深い串本町は、比較的被害が少ないため、和歌山県庁で状況に応じた配分をしてもらうつもり」と話した。

 トルコと日本の絆は、121年もつながっている。初のトルコ使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号は、1890年6月に横浜港に到着。同9月にトルコに向かって出港したが、台風による荒天で和歌山県串本町沖の紀伊大島で座礁、沈没。乗組員約600人が死亡する大惨事になったが、島民の献身的な活動で約70人を救助。手厚く看護し、日本の船でトルコへ送った。トルコはこの恩義を忘れず、今回の紀伊半島豪雨でも、串本町を含めた和歌山県の支援に乗りだした。

25VLieO8d7o(11/09/1818:50)
 トルコ大使館文化広報参事官室の大森正光氏(33)は「困った時に助け合うのが、真の友。トルコも自然災害が多く、共感する気持ちがある。今後は物資だけでなく、人的支援も含めて継続的に和歌山県をサポートしたい」と話した。1985年(昭60)のイラン・イラク戦争では、トルコ政府が日本人救出のための特別機を飛ばし、イランからトルコへの脱出をアシスト。99年のトルコ北西部地震では、日本がいち早く救援隊を送るなど、相互救助の歴史を積み重ねている。
 東京・六本木のトルコ料理店「デニズ」は、要請があれば、被災地で出店する意向を持っている。店員のトルコ人カヤ・ハリルさん(34)は「出店でも何でも、力になれることがあれば手伝いたい。トルコ料理はおいしいし、日本人の口に合うと思う」と話し、地元の肉料理「ケバブ」を勧めた。両国の相思相愛の関係は、復興支援という具体的な形になろうとしている。

 [2011年9月18日8時45分]





3jY7YsoYmkw(11/09/1819:03)
120年も前の日本人がやった事に対して現代に生きるトルコの人々が恩義を感じる必要なんかないのに
律儀すぎるぜトルコの人達

4l7wCsNSLFs(11/09/1819:12)
でもこの記事の書き方には不満がある
「恩義を忘れず」というのはトルコ側が使う言葉であって、それを受ける側が使う言葉ではない。

5zIp35sguKo(11/09/1819:40)
書いてる人は他の国の人かもしれないよ

6fNy/yHeCA.(11/09/1819:41)
ありがとうトルコ
爪の垢を煎じて飲めバカ半島


7mL3c8NxaBQ(11/09/1821:16)
ありがとう
トルコ

8RtcAVc6Ieo(11/09/1821:54)
トルコって国はイラク紛争の時にも日本人救出のために
撃墜の危険がある中、トルコ航空機を飛ばしてくれたんだよね。
何回恩返ししてくれるんでしょう。頭が下がります。
日本もトルコの恩を忘れないようにしましょうね。

9tIvtMU9Quw(11/09/1901:23)
イイハナシダナー

10dAUVEBMGcg(11/09/1901:34)
ええ話や(TДT)日本人は今年の天災地変で与った恩をしばらく忘れちゃいけないね

11jaQKSVZZm.(11/09/1910:33)
朝鮮半島につぎ込んだムダ金を
もしトルコに使っていたなら・・

12R3w5d9qTQ.(11/09/1917:16)
トルコ人は立派だ!
この120年いろいろな場面で“恩返し”してくれてるはずなのに
まだ助けてくれるのなんて
こういう立派な国、人達を大事にしてこそ恩に報いるって事だな

13oltn9ce7m2(11/09/1917:55)
ありがとうトルコ

144BoqCmEhZI(11/09/1918:12)
トルコありがとう!トルコが困ったときは即座に支援するよ!

15izItKRyigA(11/09/1918:18)

トルコはもう十分恩を返してくれてるのにTT

イラン・イラク戦争の1985年3月12日、イラク軍によるイランの首都テヘランに対する空爆が始まった。テヘランの在留外国人は空爆を避けるために国外避難を準備し始めたが、3月17日に至って、イラクのサッダーム・フセイン大統領は「3月19日20時半以降はイランの上空を飛ぶすべての飛行機を撃ち落とす」という声明を発した。

宣言後、イランに住む外国人についてはそれぞれが国籍を置く国の軍隊、ないしは民間航空会社を使っての脱出が計られた。しかし、当時日本では自衛隊の海外での活動は禁止されていた。また過去にテヘランに寄港していた日本航空は当時既にテヘランへの寄港を停止していたため、日本政府は現地との調整に手間取り、日本航空チャーター機の派遣も会社、労働組合ともに反対であったこと、前記期日までの脱出が困難であることを理由に実現しなかった。そのため、在イラン日本人200名以上は脱出方法が見つからずに生命の危機に瀕していた。

イランの日本大使館の野村豊大使は、トルコ大使館のビルレル大使に窮状を訴えると大使は「わかりました。ただちに本国に求め、救援機を派遣させましょう。トルコ人ならだれもが、エルトゥールル号の遭難の際に受けた恩義を知っています。ご恩返しをさせていただきましょうとも」と答え、大使の要請を受けて2機のトルコ航空機がテヘランへ派遣された。2機のトルコ航空機が215人の在留邦人を乗せてイラン国境を越えてトルコ領空に入ったのはタイムリミット直前のことであった。



16Xw9p64HqIs(11/09/1918:55)[sage]
一方 イギリス人は日本人客を船倉に閉じ込め
知らぬ顔して逃げるのであった

17n5I0Vu4EMQ(11/09/1920:27)
ありがとうトルコ
爪の垢を煎じて飲めバカ半島


18KKPMLjQyiw(11/09/2007:33)
ありがとうトルコ

19qShSakwa32(11/09/2008:58)
ありがとうトルコそして先祖様

日本人として生まれて幸せ

20AhFQS16O0Y(11/09/2009:23)
シナ、チョンにつめの垢を煎じて、、、、

21le.OBCKDyo(11/09/2009:43)
15
その話には追加ネタもあって
日本人が救出されたあとにまだ残されていたトルコ人がいた。
そのトルコ人達は日本人を救うためなら後でも言いと優先したそうな。

22LfJothBi5o(11/09/2012:26)
21
なんだってええええええええええ

目から汗が

23QyJk754hl6(11/09/2012:30)
ええ話やなぁ。
トルコ行ってみたい。

24lI3/OaalgI(11/09/2018:31)
21
取り残されたトルコ人達は命辛々陸路で脱出したんだってね。
「トルコ人は受けた恩を忘れない。それを自分達が証明する」って誰も文句を言わなかったそうですよ。
我々日本人もトルコ人の爪の垢を煎じて飲まないといけないかも・・・。


25YT3ZWQUSXM(11/09/2019:02)
俺も生きているうちにきっとトルコ人によいことしよう

26gzoM627Vs2(11/09/2020:15)
やはり「ソープランド」と名称を変えて正解であった・・・

27fS3FV2A1wU(11/09/2020:46)
俺、今日コンビニで台風12号被災者支援の募金箱があったんで
お釣りの4円入れた。
今度は、もうちょっとします。

自分も人から受けた恩義を忘れない人間になります。

トルコの人ありがとう。