僕の彼女をスナックで手伝いさせた時の話・・・

ちょっと前の事、店に何度か飲みに来ていた彼女。
えらくマスターが気にいっているのが分かった。
僕は19.彼女も19。突然店が忙しくなって厨房から出られなくなった。
次々とオーダーが入る。
やっと落ち着いたとき、彼女が酔っ払って僕の所へ来た。
「お酒お代わりして。」
 ヘネシーを頼んだ。

持って行くと、彼女の様子が変だ?
目は虚ろ、両サイドから常連さんが、彼女の服の中に手が入れている。
「はあー、見ないでー」
僕は驚きマスターに、「止めさして」言ったとき、マスター一言。
「オーダー、入ってるよ、戻れ!」


急いで残りのピザ、レンジにいれてシートに戻った。
僕が次に目に映った時、マスターのチンポが彼女の中に入ってた・・・
お客様は彼女の服をずりあげ、小さな乳首を、吸っている。
「まさ、彼女最高だよ。」
「次、俺やっていい?」
次の瞬間俺は、客を殴った。

と、次の瞬間。後ろから誰かに腕を羽交い絞めにされた。
気がつくと、シートの上で横になっていた。



ステージが騒がしい。
彼女の周りに常連客がいる。みんな下半身は裸の状態だ。
彼女は「あー、うー、」と叫んでいる。
マスターのちんこ、鬼のようだ。
僕は一度、店の姉さんが客にまわされているのを、見ている。
そのとき、僕はなにもできずにマスターに助けを求めた。
だが、マスターはズボンを脱ぎ「どけ!」と一言。

15センチ、8センチ。太い。みんな引いた・・・
そのチンポが俺の彼女の中に入ってる。

俺のもそんなに大きくはないが、5センチぐらいはあると思う。
それでも客は、われ先に入れようとしている。
結局、マスターのもので、いっぱいいっぱいになっている、
僕の彼女の中には、マスター以外の誰のチンポも入れることはなかった。



客が、帰り際に、「まさ、いい女だよ、大切にしろよ」
意味わかんない。
マスターが、「彼女、連れて帰えるから。店、閉めて来い」
結局、僕の彼女はマスターに連れて行かれた・・・



バイク飛ばしてホテルにつくと、
ぐったりした彼女が姉さん達に抱かれていた。
姉さん一言。

「マスターのチンポ知ったら、ほかのじゃ物足りないね。かわいそうにね」と。

今でも、彼女とは、つづいてる。
何度もマスターに、お客の前で犯されながらも、
犯されたあとは、僕の小さなチンポでゆっくり抱いてあげている。






[コメント]
男の子の初体験告白って、「目の前で自分の女を犯されている」初体験かよ。
それはともかく、情けない、の一言だね。

おのれは、自分よりチンポの大きな男には屈するのか? 彼女を差し出すのか? 
殴りかかって逆にボコられたくらいで、彼女を好きにさせておくのか? 
おのれには彼女への愛が感じられないよ。
そのくせ、「淫乱め」と捨てることも出来ないのかい? 

プライドはどこへ行った? 
そもそも、店の女の子が輪姦されてるのを目撃してるんだから、
そんなトコに彼女を連れて行くほうがどうかしてるよ。