先輩の唇は、薄いです。
ずっと見てたから、知っていたけれど、
柔らかくて、感動しました。
いたずらで、ほっぺと頭をつついた事があって、
ほっぺと髪の毛は、先輩も柔らかいんだなと、知っていたけれど…、
唇も、柔らかいんだな、薄くても、柔らかいんだなと、感動しました。
「先輩。Yシャツ脱がないといけませんよ…。」
プツプツとボタンを外してあげました。
「なんかドキドキするなー。」
「私もです…。」
「ズボンもシワになっちゃってます。
脱ぎましょう…。」
「いや、クリーニングに出すから…。」
カチャカチャとベルトを外して、ファスナーをと、探ったら、
手の甲に、先輩の固いものが…。
「先輩も、勃ったり…するんですね…。
会社では、そんな風に見えません…。」
グッと、優しい感じで握って、
ズリズリと手を動かしてみました。
「何?何?」
「あの、気持ちいいですか…?」
「い、いいよ、いいけど…」
先輩の事が好きだからだと思います。
先輩と一緒にいる時に、仕事中でも、変な気持ちになっていた事が、時々、ありました。
今と同じ気持ちです。
欲情してしまうんです。先輩に…。
はしたないって、自分でも思います。
「付き合ったばっかりだぞ。いいのか?」
「先輩の事、ずっと好きでした。
今日は先輩の事、たくさん触りたいです…。」
「いいよ、いいけど、早過ぎないか…」
「早過ぎませんー…」
先輩の薄い唇に、キスしました。
舌も絡めました。
先輩の舌は、女の私より、大きくて、厚みがあるように感じました。
…気持ちいいです。
舌を絡ませながら、Yシャツの下から見えた肌着を、胸元まで捲りました。
手のひらで、胸を滑らせて触ると、
乳首に指が触る度、先輩、ビクンッとします。
「先輩、感じやすいんですね…。」
「まじか…」
「指と、舌では、どちらが気持ちですか…。」
「おい…」
「うふふ、パク…。」
「あ…、ああ…、やめて…やめて…」
乳首を舌でペロペロしたり、吸ったりする度に、先輩は、ビクッビクッとします。
「どちらですか…」
「舌…」
「素直ですね…。パク…」
「あ…、あ…、」
会社では、あんなにも真面目で爽やかで面倒見のいい先輩が…、
エッチな事されて、悶えて、エッチな声まで出しちゃって…、ギャップが凄いです。
先輩に憧れてる女も、実はいっぱいいるんじゃないかと思います。
そんな先輩が、こんなにギャップがあって、
女の私に、感じさせられちゃって…。
欲情しちゃいます…。
ファスナーを下げたら、ムクッとしてるトランクスが顔を出しました。
「あ…、あ…、まじ…?まじか…」
「うふふ…。」
トランクスも下げたらブルンッと、おちんちんが…、顔を出して…。
「先輩。ゴム…欲しいです…。」
「…どぞ!」
ベッドの下(ベットの間です)から、出てきました。
「先輩は、したい体位はありますか…?」
「き、騎乗位かな!」
ゴムを付けながら会話しました…。
もう、我慢出来なくて…です。
ゴムの上から、舐めてみました。
「ハァ…、ハァ…」
「先輩のおちんちん…、大きいです…。」
「お前も、会社と全然違う…」
「こういうところ、隠していただけです…。
知ってるの、先輩だけですよ…。んー…(ペロペロ…)」
「ハァ…ハァ…」
(先輩…、先輩…)
「先輩…、エッチ、しましょうね…。」
「ハァ…ハァ…」