お願い捨てないで!

奴隷よ、奴隷になるから!

そう言って聡子は和也の足下に跪く

そして、
和也の足を捧げ持つようにして、軽く浮かせてから
低く身を落とし
首を下げるようにして、和也のつま先に顔を寄せていった

若干黒い垢を浮かせた足の親指の付け根に
聡子はそっと唇を触れさせてから
口を開けてしゃぶりついた