名無しさんからの投稿
----
前回の話:援交で付き合っていた、天使のように可愛かった子の妹にも援交の話を持ちかけた
俺はついに結菜の妹であるJK1年生の綾菜とも援交をすることに成功した。
姉の結菜がどちらかというとMなのに対して、妹の綾菜はSなのかもしれない。
あの若さでS気質な綾菜が、一体彼氏とはどんなプレイをしていたのか気になっていた。
次はいつ綾菜とやれるんだろう?と思っていたある日、姉の結菜から電話がかかってきた。
俺「やあ、元気?」
結菜「・・・ううん」
俺「どうしたの?元気ないね?」
いつもより結菜は元気がないように感じた。
結菜「・・・あのね・・・あれから生理が来ないの・・・」
俺「えっ!?ま、まさか俺と最後にした時から?」
俺が最後に結菜に中出しした時、もしかしたらヤバいかもと言っていた結菜を思い出していた。
結菜「そうだよ・・・」
俺「で、できちゃったとか?」
すると結菜は急に声のトーンが上がって、
結菜「・・・嘘だよー!ちょっと遅れてたから心配してたんだけどちゃんと来たよ!」
と言ってきた。
俺「なんだよー、脅かさないでくれよ!」
俺は本気でホッとした様子を見せた。
結菜「子供欲しいって言ってたのやっぱあれ嘘だったんだね」
俺「えっ?そ、そんなことないよ?・・・でもそれじゃ結菜が大変な事になっちゃうしね」
結菜「なんか私が東京来てから前と変わったよね?もう会えないからどうでもよくなったのかなー?」
結菜はふてくされたように言った。
俺「なに?俺の子供がもし出来てたら産んでくれたの?」
結菜「産む訳ないでしょ!じゃまた!」
結菜は電話を切ってしまった。
なんだ結菜のやつ、あれじゃまるで子供ができたって言われた時に大喜びした方がよかったみたいな感じだったな・・・。
しかし、俺の中では遠くにいる結菜よりも近くにいる妹の綾菜に心移りしているのは事実だったので、それが表に出てしまったのはまずかったと思った。
すると今度は綾菜からメールが届いた。
『今度はいつ会えますか?』
俺はメールは面倒臭いので、以前結菜の携帯からこっそり盗み見た綾菜の番号に電話をかけてみた。
綾菜「・・・はい」
俺「あ、綾菜ちゃん?俺だけど」
綾菜「なんで私の番号知ってるんですか!?」
メールのアドレスしか交換していなかったので驚くのは無理もなかった。
俺「ごめん、お姉ちゃんから聞いたんだよ。てか普通に綾菜ちゃんに聞けば番号教えてくれたよね?」
綾菜「別に教えましたよ?お姉ちゃんとは今もよく話するんだ?」
俺「あ、ああ、たまにね?」
綾菜「そうなんだ・・・あの聞きたいことあるんですけど」
俺「なに?」
綾菜「お姉ちゃんの知り合いって言ってたけど、お姉ちゃんとはほんとはどういう関係なんですか?」
俺「!?い、いや、だから相談とかに乗ったりしてただけだよ?」
綾菜「どうやって知り合ったの?出会い系とか?」
俺「ち、違うよ。毎日同じ電車に乗ってて顔合わせてたから自然と話すようになってさ・・・」
綾菜「ふーん、そんな出会いもあるんだねー」
俺「そ、そうなんだよ・・・てか俺も綾菜ちゃんの彼氏のこともっと知りたいな?」
綾菜「彼氏の何が知りたいんですか?」
俺「彼氏、よく綾菜ちゃんの身体求めてくるって言ってたけど、どのくらいエッチしてたの?」
綾菜「だいたい週末会えば毎回してましたよ?」
俺「いつから付き合ってるの?」
綾菜「中3になった頃からだったかな?」
俺「そうなんだ、彼氏カッコいいの?」
綾菜「普通だよ、最初テニスが上手かったから好きになったんだけどね」
俺「ふーん、彼氏のアソコは大きいの?」
綾菜「そんなに大きくないよ?」
俺「俺よりは小さかった?」
綾菜「うん、あと形も少し違ったよ?彼氏包茎?ってやつかも」
俺「まだ中学生だから完全に剥けてないんだね?」
綾菜「やっぱ大人の人のアレは違うなーって思ったよ(笑)」
俺「そっかぁ、てか俺と前にした時に生で入れさせてくれたけど彼氏とも生でしてるの?」
綾菜「最初はちゃんとゴムつけてましたよ。でも彼氏入れてからすぐいっちゃうからなんかゴムつけるのもったいなくなってきて・・・」
俺「でもちゃんと外には出してくれてたんだ?」
綾菜「さすがに中学生で子供出来たらまずいって思ってたからね」
俺はいくら外に出しても生でやっていれば妊娠するリスクはあると言いたかったが、それを言ってしまうと俺が生でやらせてもらえなくなるかもしれなかったので言うのはやめておいた。
俺「それでいつ会おうか?」
綾菜「明日部活ないから明日なら大丈夫ですけど・・・」
俺「わかった、じゃ明日仕事終わったら会おう」
綾菜「あ、あの・・・」
俺「なに?どうしたの?」
綾菜「明日も頑張るんで3もらえないですか?」
俺「そっか、じゃ頑張ってもらおうかな。そしたら3あげるよ」
綾菜「はい!ありがとうございます!じゃまた明日!」
俺はまた明日JK1年の女の子にどんな風に責められるのか期待せずにはいられなかった。
翌日、綾菜と駅で待ち合わせをしていると綾菜が現れた。
もう衣替えの季節になったので綾菜は夏の制服姿で現れた。
身長も身体のパーツもすべてにおいて小さいサイズの綾菜は本当に可愛い。
しかし、胸の膨らみだけは白いシャツの上からでも大きいとわかるそのアンバランスさがたまらなかった。
俺と綾菜はこの前のラブホテルへと移動した。
俺「やっぱり綾菜ちゃん可愛いね、モテるんじゃないの?」
綾菜「そんなことないですよ・・・ただ変な追っかけみたいなのがいますけど・・・」
俺「まるでアイドルだね」
綾菜「私中学からテニスやってるじゃないですか。テニスやってるとこカメラで撮る人が多いんですよ」
俺「こんだけ可愛い天使がテニスやってたら話題になるよね」
綾菜「私がテニスやってる写真がたまにネットに出てるらしいんですよ・・・」
俺「これでテニスも上手いとなればまさにアイドルテニスプレイヤーってことで有名になりそうかもね?」
綾菜「普通に撮られるならまだいいけど、スコートが捲れた瞬間とか狙って撮るんですよ」
俺「それはけしからんな・・・」
綾菜「別に見えても平気だからいいんですけどね。そういえば今日高校の新しいテニスウェア貰ったんですよ!」
俺「え!?マジで!?今持ってるの?見せて?」
綾菜「ありますよ、今度高校に入って初めての大会で着るんですよ」
そう言って綾菜はバッグの中から新品のウェアを取り出した。
俺はその時今日これはいいサプライズになると思った。
俺「綾菜ちゃん、そのウェアここで着てみてよ?」
綾菜「えっ?ここでですか?」
俺「うん、綾菜ちゃんのテニスウェア姿が見てみたいな」
綾菜「わかりました。お小遣い期待してますよ!」
そう言うと、綾菜は恥ずかしいのか部屋の隅に行って隠れるように着替えを始めた。
着替え終わった綾菜はちょっと恥ずかしそうに俺の前に立った。
綾菜「どうですか?」
白とピンクを基調としたテニスウェアはデザインも可愛いかったが、綾菜が着るとさらに可愛いさが増しているように見えた。
2015/03/13
10:30:03:b67f67d8244d20c219281d8ed905f15d
俺「可愛い!凄い似合ってるよ!てかこんな天使すぎるテニスプレイヤー見たら追っかけがいて当たり前だよw」
綾菜「よかった!今度の試合頑張ろ!」
俺「俺も綾菜ちゃんの試合観に行こうかなwてかそのスコートの下はどうなってるの?」
そう言うと綾菜はおもむろにスコートを捲り上げると、白い短パンのような感じになっていた。
俺「昔はフリルのついたようないやらしいパンツみたいの履いたけど、今はみんなこんな感じだよね」
綾菜「あれじゃ恥ずかしくてテニスできないですよ」
しかし、こんな小柄で華奢な身体をした綾菜がとてもテニスをやっているようには見えなかった。
それにしても可愛いすぎる。
俺は自然と舐め回すように見ているともう我慢できなくなってきていた。
俺「綾菜ちゃん、俺興奮してきちゃったよ。チンポ舐めてくれるかな?」
綾菜「えー、この格好でですか?」
と言いながらも俺のズボンとパンツを脱がしにかかる。
綾菜「もうおっきくなってるよ?今日は頑張って咥えてみるね」
そう言うと前回小さい口では厳しかったディープスロートに再び挑戦を始めた。
カポッと俺の亀頭を咥えると小さい口を限界まで開けて前後に動かす姿が最高にいやらしい。
うまく歯を当てないように喉の奥まで亀頭を押し付けてきた。
俺「ああ、気持ちいいよ・・・上手だよ・・・」
気持ちがいいがあと一息のところまでしか気持ちよくならない。
俺「綾菜ちゃん、ちょっと我慢してね」
そう言うと俺は綾菜の小さい頭を抱えるとイマラチオを始めた。
思い切り前後に腰を動かすと、綾菜は苦痛の表情を浮かべながらも必死に耐えていた。
俺「ああ、いきそうだ!」
限界まで綾菜の口の中で出し入れをして、俺は口からチンポを抜いた。
顔からチンポの距離は少しあったが、俺のチンポから勢いよく精子が発射されると綾菜の顔目がけて飛び散った。
前回綾菜とした時から俺はオナ禁していたので溜まりに溜まった精子はもの凄い量だった。
綾菜の髪から顔は精子でドロドロになり、後半飛び出す勢いが少しなくなった精子は新品のテニスウェアにドロドロと垂れていった。
綾菜はしばらくそのまま固まっていたが、精子が目にもかかり開けられない状態で、
綾菜「す、凄いいっぱい・・・出たね」
少し笑ったように言った。
ひとまずテイッシュで顔を拭いた綾菜は、テニスウェアにもかかった精子を見てさすがにマジ?という顔をしていた。
俺の精子がかかったこのウェアを着て綾菜はテニスの試合に出るのかと思ったらちょっと興奮した。
俺「ごめんね、汚しちゃって。次は綾菜ちゃんのこと気持ちよくさせてあげるから全部抜いじゃおうか?」
綾菜はテニスウェアを脱ぐと上下白のブラとパンツだけの姿になった。
俺「綾菜ちゃんは白が好きなの?」
綾菜「ほんとはもっと可愛い下着したいけど、スポーツしてるとあんまり派手なやつとかは透けたりするし」
俺「なるほどねー」
そして綾菜はブラとパンツも脱ぐと全裸になった。
姉の結菜と比べて綾菜はやはりスポーツをしているせいか、細いながらも若干筋肉質な感じはするが、決してアスリートのような感じはなく引き締まった身体をしていた。
胸の大きさは綾菜の方が全然大きいが、腰のくびれはあまりなくまだまだ幼い身体という感じがする。
俺「綾菜ちゃん、最高に可愛いよ」
俺はディープキスをしながら張りのある胸を揉んだ。
そして乳首を舐め回し舌で転がした。
綾菜「あんっ!それ、気持ちいいよ」
俺「そっか、じゃもっとしてあげるね」
俺はしばらく綾菜の胸を揉んで吸いまくった。
綾菜「ねえ、この前のやつして?」
俺「ん?なんだい?」
綾菜「アソコからピュッピュッって出ちゃうやつ」
俺「そっか、潮吹きたいんだね?わかったよ」
俺は狭い膣内に指2本を入れて巧みに動かした。
綾菜「ああんっ!いいっ!それ、凄いっ!!」
俺はさらに指を速く動かした。
クチュクチュクチュクチュ!と音を立てそろそろ来そうな感じだった。
綾菜「ああんっ!ヤバいっ!あああああっ!!」
綾菜のマンコから大量の潮が吹き出した。
ぐったりしている綾菜に俺のびしょ濡れになった手を見せる。
俺「綾菜ちゃんいやらしいな、こんなに潮吹いちゃって」
俺はもうすでに復活しているギンギンのチンポを綾菜のマンコにあてがった。
俺「それじゃ入れるよ」
綾菜「うん」
最初はゆっくり入れ、一気に奥まで差し込んだ。
綾菜「はああっ!」
俺はゆっくり腰を動かすがやっぱり綾菜のマンコは気持ちいい。
だが綾菜のマンコはこんなもんではないということはわかっていた。
少し速く腰を動かすと綾菜のマンコがギューっと締め付けてきた。
俺「ううっ、これは凄い!」
もはやこの締め付けを喰らってはひとたまりもない。
俺はみるみる射精感がこみ上げてくるのがわかると一旦腰を止めた。
「このままいってしまったらもったいない」
俺は一旦チンポを抜き横になった。
俺「綾菜ちゃん、俺の上で腰を動かしてくれる?」
綾菜「えっ?やったことないから上手くいかないかもしれないですよ?」
俺「大丈夫だよ?」
綾菜は俺の上にまたがると俺のチンポを握ってマンコに入れるとゆっくり腰を上下に動かした。
ぎこちない動きながらも綾菜が腰を動かし続ける。
俺は綾菜の胸を鷲掴みにしながら腰を振らせた。
綾菜「はあっ!ああんっ!」
綾菜のマンコがまた締め付けてきた。
それと同時に慣れてきた綾菜の腰の動きが速くなる。
「ああ、そろそろいきそうだ」
そう思ったがこのままでは綾菜の中に出してしまう。
チンポを抜こうにもこの体勢では厳しい、ヤバい!ちょうどいきそうになった時、綾菜の激しい腰の動きが止まった。
・・・なんとか持ちこたえた。
俺「綾菜ちゃん、もう騎乗位完璧だね?」
綾菜「そうですか?てかまだいかないから私下手なのかと思ってた」
俺「そんなことないよ、もう限界ギリギリだったよ」
綾菜「もういっちゃう?もっと私も気持ちよくなりたいから頑張って(笑)」
高校1年の女子がこんなに淫乱だとは、さすが結菜の妹だ。
俺は綾菜を四つん這いにしてバックからチンポを入れた。
俺は少し腰を動かしただけでやはりもう限界だった。
俺「綾菜ちゃんごめん!もうイクっ!」
綾菜「あんっ!いいよっ!」
俺はチンポを抜き綾菜の尻に精子を出した。
今日2回目の射精とは思えないほどの量と勢いだった。
いずれ綾菜にも中で出してやろうと思っているがそれはまだこの先の楽しみとしてとっておこうと思った。
俺は綾菜に3を渡すと、
綾菜「こんな気持ちよくなってお金も貰えてほんと嬉しい!」
と喜んでいた。
表向きはテニスに汗を流すスポーツ美少女なのに、裏の顔は淫乱で援交をしているJKだと誰が気づくのか?と思った。
だが俺にとってはそんなギャップが最高にたまらない。
綾菜は調教すればもっといやらしい女になることは間違いないだろう。
次はいつ綾菜とやれるか楽しみでしょうがなかった。
それから数日後、姉の結菜から電話がかかってきたのである。
つづく。
抜ける!!
面白い!!
続きが見たい!!
詳しい内容が見たい
面白くない
読みにくい