名無しさんからの投稿
----
ある建設現場向けの人材派遣会社の社長と、その愛人で経理を思い通りに掌握している女総務部長を懲らしめた。
その会社の営業は、基本的に受注待ちで売り込みとか現場に赴いて営業とかしない。
だから、五人もいる営業の人間は昼間何をしているか判らない。
それは社長も同じ。
社長などは、社長のくせに会社の作業内容が判らない。
人工出しみたいな、○○をやって欲しいので、△人を頼みたい・・・と連絡があっても、
「作業内容を勘違いしてしまい・・・(言い訳)」
○○なら×人で足りるだろうと少ない人数で行かせる。
作業自体は「請負」ではなく「常傭」と呼ばれる、掛かった人工代は支払ってくれるから言われた人数を入れるべきだが、他の現場で人数不足があったりすると、少しでも回そうとして人を移動させる。
現場やゼネコンによって常傭単価が違うから、なるべく高い所に行かせたいのは判るが、人数が減るなどという連絡は一切しない。
社長は、仕事は出来ないが、サッカーが好きで中高年の同好会みたいなクラブチームに所属していて、下手なのに試合に出たがり、少しでも優位に立ちたい為に社費で10人乗りのハ○エースワゴンを四台も買い込み(作業の行き来に使うという名目だが)サッカーのクラブチームに無償で貸し出し、ガソリン代ETC代金も会社の経費で賄っていて、更には自分達が使う為に、フットサルコートや人工芝のフルコートなども作り、別会社を興しサッカー教室やレンタルサッカーコートなどを経営しているが採算など度外視なので、派遣される作業員の日当をナンダカンダと理由を付け下げる事ばかりしている。
これには愛人である女総務部長の入れ知恵がある。
ちなみに社会保険に全員加入させなければならないから・・・という理由で全てのゼネコンとの契約単価を1000円ずつ上げたのに、社会保険に加入した派遣社員はいない・・・。
労基からは
「ブラック企業の見本みたいな会社だ」
と指摘されても
「金が無いからしょうがない」
と逆ギレする始末。社長を「ナミオ」、女総務総務部長を「アユミ」としよう。
アユミは50歳前後、ナミオは70歳を越えた。
このナミオ、なかなかの代物で何しろオンナが好きで、最初の奥さんはこの会社とは関係ない所で知り合い結婚。
二番目の奥さんは、最初の奥さんが病に伏せていた時に社員に手を出して、最初の奥さんが亡くなって間もなく再婚。
二番目の奥さんはパチンコ狂いのレベルの低いオンナ。
で、三番目のアユミは仕事帰りに焼き肉に誘われ、そのまま社長に自らの肉まで与えてしまった。
元々優遇されていたけれど社長のシモの世話までするようになり、電卓を使っても計算出来ないのに月給50万円補償。
だから建設現場に出て体力や技術を使う作業員の不平不満を集めるばかりだった。
ある年に高校新卒の女の子二人を採用したが、先輩事務員らが自分の仕事を消化する事ばかり優先した為に、新卒の女の子たちは暇潰しに社内のパソコンを使って賃金台帳やら個人向け賃金明細書などを盗み見てしまい、その成果を派遣社員らに細かく伝えてしまった。
派遣社員らは賃金のカットやら条件の悪化に苦しめられていたことがあり、懲らしめてやろうと話が盛り上がった。
水曜日・・・サッカーの練習後に社長は会社に寄りアユミを誘って夕食に出掛ける。
他の社員はノー残業デーの為、いない。
僕たちは駐車場に社長とアユミの車しか停まっていない事を確認してから目出し帽を被り顔を隠し突入。
アユミを一人が押さえ、社長を三人がかりで拘束。
応接のやや広いテーブルに裸で仰向けに寝かせて手足をテーブルの足に縛り付ける。
縮み上がったチンコが陰毛に埋まり気の毒な状況・・・。
次いで、アユミを裸にして社長の上に69の形で俯せに寝かせる・・・。
手足も縛り上げ逃げられない状況。
社長のチンコの上にアユミの顔、アユミの股間に社長の顔。
「ほら、いつもしてるみたいにしゃぶれよ」
「舐められたいんだろ?」
「そんな、チビチンで満足か?金の為だもんな、しょうがないな」
社長のチンコをシャブリあげるアユミの顔を見ながら
「こんな女で起つんだ・・・。社長もアユミを逝かせるつもりでマンコ舐めなきゃ」
アユミの息が粗くなってきた時を待ってアユミの肛門にイチジク浣腸×4個、アユミに
「社長が逝ったらトイレに連れてったるわ」
と言い、社長には
「早く逝かないと社長の顔にアユミの糞が降りかかるぞ。嬉しいだろ」
しばらくして、アユミが
「ごめんなさい・・・トイレに行かせて下さい・・・出そう、出ちゃう・・・」
と訴え始めた。
「社長を逝かせちゃえよ、そうすればトイレに連れて行くよ。それとも社長にウンコ掛けてやるか」
アユミが泣きながら社長のチンコを口に含み、激しく顔を動かし始めたのを見て、アユミに余裕は無いなぁと察知した僕らは
「じゃあ、僕らは忙しいから帰るね。汚いの見たくないし、臭いのも嫌だし」
「お願い・・・、トイレに行かせて、お願いします。何でもします」
「勘違いすんなよ、お前を相手にすんのは社長くらいしかいないよ」
僕たちは
「じゃあね・・・バイバイ」
と会社を出た。
翌朝、早めに出社すると応接は片付けられ社長もアユミもいなかったが、明らかに糞の匂いが漂い、床は掃除している途中だった。
朝一で出社した社員が社長とアユミの異様な姿を発見し、日頃の恨みもあり、写メ撮りまくり、散々焦らしてから手足を解放。
アユミに糞の処理を命じて匂いの籠った社内から退散し、頃合いを探り確認。
日頃、社長の庇護の下、生意気なアユミが裸で自分のウンコを片付けている姿、社長はシャワーを使っているらしいが、アユミのウンコまみれの顔は二度と見たくはないが、誰かに見せたくなってしょうがない・・・。
抜ける!
面白い!
続きが見たい!
詳しい内容が見たい
面白くない
読みにくい