ソープ嬢さん(20代)からの投稿
----
ソープ嬢してます。
月二回指名してくるA君、24才。
何回も相手してるとき、A君が俺と賭けをしようと言いました。
何の賭けかと聞くと、時間内に俺を満足させていかせれば倍料金払う、いかせれなかったらチャラにしくれと。
倍払うならあたしの手元にそれなりのチップが入るので受ける事にしました。
次回からという事でこの日は普通にやって終了しました。
後日、A君から指名。
90分コースで余裕かましてゆっくり可愛がりいざ開始。
得意のフェラテク。
玉しゃぶり、尿道チロチロ、大きくグラインドしてバキュームフェラ、上に乗って腰振りまくり。
気持ちよさそうにしてるけど、いく気配なし。
終了20分前のタイマーが鳴った。
A君「残念だったね」
悔しい、何でいかなかったの?
A君「料金チャラね、また来るわ」
二回戦目、今度はいきなり攻めた。
マットでローションタップリ塗ってすぐに入れてやったのにいかない。
ベッドに行き、A
君の好きな体位でやっていいよと言ったけど、俺からはしない、姉さんがいかせれるようにしてと言う。
また上に乗り腰振りまくりしたけど、あたしが先にマジいきしてしまった。
何でいかないの?
A君「姉さんのテクが悪いんじゃない」
プライド傷つく。
またチャラになった。
非常に悔しい。
三回戦目。
秘策を練った
いつも通り風呂で軽くフェラしてベッドに。
自分のアナルにローション塗り、上に乗ってアナルに入れてやった。
A君「おっ、いつもと違うな」
あたし「アナルセックスだよ」
これはさすがにいくでしょ。
グイグイ締めつけながら上下に動いてやる。
もういきそうかな?
A君がいく前にあたしの足がつりそうになり、あたしがダウンした。
A君「また残念だったね、もう少しだったのに」
あたし「何で?あたしのテクが悪いの?」
ちょっと半泣きになった。
A君が話してくれた。
あたしのテクは悪くない、実は部屋に呼ばれる前に一回トイレで出してきてたと言う。
あたしがどれだけ本気でやってくれるのか試してみたかったらしい。
今まで色んな風呂屋の姉さんとやったけどどれも商売風で坦々とこなすだけで金取られるから客としてはつまらんと。
その中であたしはそれなりに会話もしたし、本気で客を喜ばす事できるかもって思い、賭けを持ち出してやったらしい
悪かったね、と言って今までの料金を払うと言ったけど、賭けだからいいよと受け取らなかった。
次はちゃんとあたしでいってね。
A君「またアナルでやらせてな」
うん、いいよ店には内緒ね
それからはあたしでいくようになりました
抜ける!
面白い!
続きが見たい!
詳しい内容が見たい
面白くない
読みにくい