名無しさんからの投稿
----
中3の夏、親の強制で家庭教師がやってきた。
せめて普通の高校に入れたいと言われて、泣く泣く勉強する事になった。
やってきたのはお茶の水の女子大生。
メガネをかけていて、どちらかというと真面目そうなタイプ。
家庭教師が女だと誰でも期待しちゃったりすると思うんだけど、そんなエロさなんて全くない家庭教師だった。
「何でこんな事も分からないの?」
「はぁ・・・だーかーらー・・・」
いつも小馬鹿にしてるような言い方ばっかりされてて、正直うんざりしてた。
夕方19時から2時間がいつもの勉強タイム。
時々女の子らしい服装で来たりしていた。
着痩せするタイプらしく、タイトな服を着てくると想像以上に巨乳ちゃん。
それでも口調がムカつくから全然そそらなかったけど。
いつも通り勉強していると、突然携帯がブルった。
仕事中ぐらい携帯切っておけよ・・・そう思いながら見ていると、先生も気まずい顔つき。
俺の顔で理解したのか、電話には出ずに勉強続行。
でも数分ごとに電話がかかってくる始末。
「ちょっとごめんね、ここやってて」
携帯を持って立ち上がり、背後で電話に出た先生。
問題やっててとか言われても、その会話が気になって仕方がない。
だって電話に出た瞬間、怒鳴り声が聞こえちゃったし。
「てめぇー!何で電話に出ねぇーんだよ!」
いきなり怒鳴るってどんな男だよと気になって仕方がない。
拍子抜けしたのが先生の態度。
いつものネチネチした口調でもないし、妙に媚びる口調。
「ゴメンなさい、でも今バイト中なんだよ」
俺の時と全然態度も口調も違うじゃん。
問題なんてそっちのけで、先生の会話を聞いてた。
男が怒鳴るとハッキリ聞こえるけど、後はモゴモゴしてるだけ。
先生は早く切ろうと謝ってばかり。
「バイトとかいってマサヤと会ってんだろ!」
ん?マサヤ?先生は浮気でもしてるのか?
「違うってば、本当にバイト中なの。だから後で掛け直すって」
5分ぐらいしても電話してるから、ムカついてきた。
だからちょっと意地悪してみる事にした。
「ちょっと俺トイレ・・」
わざと電話に聞こえるぐらい大きな声で言ってやった。
そしたらすっごいビックリした顔を先生がしてた。
トイレから戻ってみるとまだ先生は電話中で、しかもさっきよりも状況はヤバいみたい。
日頃ネチネチ苛められてたから、俺は言ってやった。
「あぁ~まだ電話中?俺は邪魔?」
またしても電話に聞こえるぐらいデカい声で。
そしたら先生またキョドっちゃって、オロオロしちゃう始末。
電話口では男が猛烈な勢いで怒鳴ってるし。
「マサヤいるんだろ!マサヤ出せよ!」
完全に俺とマサヤを勘違いしてるっぽい。
先生を見ているとかなりヤバそうだった。
「早めの休憩って事にします。俺、下にいるんで終わったら来てください」
ノートに書いて先生に見せた。
リビングでお茶を飲んでいると、しばらくして先生が降りてきた。
表情はドヨーンとした感じ。
親が笑顔で「お疲れさま」と言っても、完全に作り笑顔だったし。
表情がマジで凍りついてるって感じかなぁ。
休憩が終わって部屋に戻ると、いきなり先生が言ってきた。
「お願いだから電話で説明してくれないかな?」
「何をですか?」
「さっきの電話なんだけど」
「イヤですよ。すげぇ怒鳴ってたし」
「家庭教師なんだって言ってくれるだけでいいから」
「いやいや、怖いからイヤですよ。先生が言えばイイじゃん」
「言っても聞いてくれないから頼んでるの。ねっ?お願い」
「電話の人は先生の彼氏?」
「そう、普通の大学生だから怖くないよ。ね、お願い!」
「でもなぁー、俺に何にもメリットないし」
「今度何かプレゼントするから。お願い!」
「別にプレゼントとかはいらないけど。まぁ~いいか、電話に出ますよ」
先生が電話をすると、相手は速攻で出た。
そんで一発目からまた怒鳴ってる状態。そんな状態でとりあえず電話に出てみた。
「あの~先生に家庭教師してもらってる者ですが・・」
「あぁ?マサヤじゃねぇーの?」
「違いますよ、俺中3ですし」
「ホントかよ?」
「ホントですよ。じゃ、電話変わりますよ」
「待て待て、お前携帯持ってるだろ?番号教えてみ?」
「はぁ、いいですけど」
携帯番号を教えたら、今度はそっちにかけてきた。
「これでウソだったら逃げれねーんだからな!」
そう言ってたけど、嘘でも何でもないから「はいはい」言っておいた。
その後はちょっと先生が電話してたけど、話が丸く収まったみたい。
「本当にありがとう。疑いもなくなったみたい、ありがとね」
いつもとは違って、やたら低姿勢な先生。
ちょっと可愛いっぽい雰囲気を醸していた。
「別にいいですよ、良かったですね」
何事も無かったかのように勉強が始まったが、以前とは違ってやたら優しい先生になってた。
3日後の金曜日、いつも通り家庭教師が来て勉強タイム。
窓は開けていたが、先生は上着を着たまま。
「寒いなら窓閉めましょうか?」
「ううん、大丈夫」
変に思ったがそのまま続行。
しばらくして先生の顔を見ると、薄ら汗をかいている。
「暑いならクーラー入れましょうか?」
「うんん・・・気にしないでいいよ、大丈夫だから」
「だって汗かいてますよ。上着脱げないならクーラーつけますけど」
「う~ん・・・大丈夫。上着脱ぐから」
なんだ?コイツはと思ったが、脱いだ時理由が分かった。
白いノースリーブで、胸元がザックリ開いているシャツだったから。
胸の谷間がばっちり見えるし、前に屈むとブラまで丸見えだったし。
教えてもらってる時も、気になってチラチラ見てしまう。
横に並んで座ってるから、モロに見える。
「なに?先生はこれからデートなの?」
「えっ?まぁそういうこと」
「デートの時はいつもそんな露出度の高めな服なの?」
「う~ん・・・そうかなぁ・・・?」
「だって下着まで見えてるよ?大丈夫なの?」
「ホントに?やっぱり上着着るね・・」
「いや・・いいんだけど。それが彼氏の好みなんだ?」
「もういいから勉強しなさい」
それからの1時間は地獄でした。
横に巨乳がプルプルしてるし、動くとブラまで見えちゃうし。
どうにか誤魔化そうとしてたけど、ずっと勃起してる状態が続いた。
休憩が終わっても、巨乳が気になって仕方がない。
「今日は調子悪いのかな?」
「そんな事ないけど・・・」
「・・・これからする事は絶対に秘密にしてね?約束出来る?」
「何するの?」
「約束してくれないと出来ないから、してくれる?」
「するけど、何するの?」
俺はずっと気になって勃起してたの知ってたんだと思う。
いきなりベルトに手をかけて、カチャカチャベルトを外し始める先生。
「ちょっ・・何してんの?えっ?なに??」
焦る俺はシカトで、先生はベルトを外してジッパーを下した。
トランクス越しに勃起したチンコ。カウパーでシミができてた。
先生は無言でトランクスをズリ下げ、おもむろにチンコをシゴき始めた。
他人に勃起したチンコを見られるのも初めてだし、触られるのも初体験。
気持ちいいやら恥ずかしいやらで、俺は動けなかった。
先生は手慣れた感じでチンコをシゴいて、ものの数分で限界を迎えた。
俺は慌ててティッシュを取り、亀頭を押さえてイった。
先生もティッシュに包まれた亀頭を一緒に握っていた。
「これで勉強に集中出来るよね?約束だからね?」
「うん・・」
おかげで集中できたけど、その日からのオカズは決まってしまった。
あの時だけは集中できたけど、それ以降は気になって仕方がない。
週が明けて先生がやってきた時、思い切って言ってみた。
「あの時は良かったけど、全然集中出来ないよ」
「そっかぁ。じゃ、これからは頑張ったらご褒美あげるって言ったら?」
「ご褒美ってなに?」
「それは頑張った時のお楽しみね」
先生がいう頑張るってのは、先生が出すテストの点数だった。
範囲をあらかじめ決めて、それに向かって勉強する事。
先生が来た時に、まずそのテストをやる。
90点以上だったらご褒美、89点以下だったらご褒美無し。
これで一気に勉強する気になった。
言われた範囲は広かったけど、まず1回目のテストは90点超え。
採点をし終わった先生は、また無言でベルトに手をかけてきた。
トランクスの前からチンコを出し、先生はゆっくりシゴきだした。
根元からゆっくりとシゴき、動きが次第に早くなっていく。
突然動きがまたゆっくりになった瞬間、今度は亀頭に感じたことのない感覚が広がった。
ハッ!?と思い見てみると、先生が亀頭をチロチロと舐めていた。
亀頭に舌がまとわりつく度、腰が動くほど気持ち良かった。
そんな快感が続いたが、今度はもっと強烈な快感が亀頭全体を包んだ。
先生が亀頭全てを口に含んだから。
先生はチュポチュポと小さな音を立てながら、亀頭をしゃぶっていた。
今思えば先生はフェラ好きだったと思う。
舐め方が丁寧で、バキュームの強弱や舌の動きが抜群だった。
俺は前回よりもっと短時間で限界を感じた。
ヤバい!と思ってティッシュを取ったが、先生はチンコから口を離さない。
「あっ・・・ダメだ・・・出ちゃっうってば・・・うっ・・・」
先生のバキュームが強くなってしゃぶり方が激しくなった。
俺は何もできずに、そのまま先生の口の中に精子を出した。
口に出した精子をティッシュに出す先生。
「100点取ったら、1番のご褒美だから頑張ってね?」
「うん・・・」
先生は週に2回やってくるので、その度にテストをやった。
調子がいい時は2回とも、先生にフェラしてもらって口に出した。
だんだん慣れてきて、先生のフェラもどんどん卑猥になっていった。
竿を握ってシゴきながら、亀頭を舐め回す。舐めながらこっちを見てきたり。
フェラをしている時の先生の目は、毎回トロ~ンとしていた。
今思えば完全に淫乱なメスの目。
裏スジを丁寧に根元から亀頭まで丁寧に舐めたり、玉袋まで舐めてくれた。
この先生のご褒美のおかげで、俺の成績はウナギのぼり。
2学期の期末テストでは、なんとクラス2位という成績。
この結果が出た時、ご褒美中に先生のオッパイも触ってOKと言われた。
先生はノーブラになってくれて、俺は跪く先生の胸元から手を入れた。
既に乳首は硬く勃起していた。
俺は両手で両方のオッパイを鷲掴みにして揉みまくった。
揉まれるとチンコを咥えたまま、先生は小さな声で喘いでいた。
その声にも興奮し捲りで、いつも以上に短時間で口に出してしまった。
期末テストが終わって数日後、念願の100点を取る事ができた。
「あ~あ・・・100点取っちゃったかぁ・・・」
「1番のご褒美ってなに?」
「どうしよっかなぁ・・・」
「約束したじゃん!1番のご褒美でしょ!」
「しょうがないなぁ・・・」
期待していたが、先生はいつものように丁寧はフェラを始めた。
いつ特別なご褒美があるのが期待していると、しばらく舐めた先生が突然立ち上がった。
そして俺の前に跨ってきた。
先生はチンコを手で持ち、アソコに擦りつけてきた。
下着をずらしたんだと思う。
ネチョネチョした感覚が亀頭に伝わってきた。
それだけでも俺は凄い興奮しちゃって、思わず先生のオッパイを揉んだ。
その瞬間、チンコに生温かい感触が広がった。
ゆっくり先生はそのまま座ってきた。
「はぁ・・・、入ったの分かる?」
「うん・・・」
「初めてでしょ?エッチしたの。気持ちいい?」
「凄い気持ち良い・・・」
「あっ・・あっ・・凄い・・あぁ・・」
先生はゆっくりと上下に動いた。
動く度にチンコ全体が信じられないほどの気持ち良さを感じた。
「イキそうになったら言ってね?」
そう言って先生はだんだん激しく上下に動き出した。
俺は気持ち良すぎて、先生のオッパイをずっと鷲掴みにしていた。
多分3分もなかったと思う。スグに限界がやってきた。
「先生・・ヤバいかも・・」
先生は立ち上がってチンコを抜き、そのまましゃがみ込んでチンコを咥えた。
そして激しくしゃぶり始めた。
「いくっ・・・!」
俺は先生の頭を持って、口の中に出した。
家庭教師のおかげで、俺の成績はグングン伸びた。
学校の先生も親も信じられないぐらいの偏差値だった。
だから、当初予定してなかった人気のある私立の付属が第一志望となった。
この第一志望にターゲットを決めて、先生がテストを繰り返してくれた。
もちろん90点以上の時はご褒美付き。
さすがに100点は取れなかったが、2回に1回はご褒美のフェラをしてもらった。
2月の半ば、第一志望の受験が終わった。
自信は無かったが、受かってしまった。
発表を見て、その場で先生にも電話をした。先生も凄い喜んでくれた。
この日で俺の高校受験は終わり。先生ともお別れ。
親が食事会を開いてくれて、それが先生との最後。
あの気持ちのいいフェラともお別れかと思うと、かなり残念だった。
学校ではまだ多くが受験の真っ只中だったので、暇な生活が続いた。
受験が終わった友人と遊んでも、頭の中には先生の卑猥なフェラが離れない。
ネットでフェラ動画を落としたりして毎日を過ごしていた。
3月の初旬、先生から電話があった。
「今週ランチにでも行かない?御馳走するから」
親に言って学校を休んで、11時に池袋へ行った。
そこで先生と待ち合わせして、パスタを食べに行った。
コートを脱ぐと、デートの前のような露出度の高い洋服を着ていた。
「今日はこれからデートなの?」
「今がデートじゃない?」
この日、初めて先生の彼氏の話を聞いた。
彼氏は凄いモテる男で、実家もお金持ち。
先生からのアタックで付き合うようになり、卒業したら結婚する予定。
「今日は大丈夫なの?また変な男と勘違いされるんじゃない?」
「今は旅行に行ってるから大丈夫よ」
「分からんよ~?旅行先から電話してくるかもよ?」
「アメリカだから時差があってしてこないでしょ」
笑いながら楽しいランチの時間を過ごした。
「この後どうしよっか?行きたいとこある?」
「う~ん・・・別にないかな~」
「そっか。じゃ、ブラブラしよっか」
池袋の街をフラフラ歩いた。
特に行きたい場所があるわけでもなく、ただフラフラしていた。
北口から少し歩いた所にあるラブホテルの前を歩いている時、先生は言った。
「疲れちゃったから入ろっか」
初めてラブホテルに入った。料金は先生が出して。
夕方までフリータイムらしい。
先生に促されるまま、何も分からずにそのままホテルへ入った。
小さなソファーに座って、先生は冷蔵庫からお酒とジュースを出した。
「合格おめでとう!かんぱぁ~い!」
2人で乾杯して、受験の話をしていると先生の顔がだんだん赤くなってきた。
バックリ開いた胸元も、ほんのり赤くなっていた。
「今日が最後の特別なご褒美だからね」
「うん・・・先生赤くなってるよ?
「いいの!生意気言ってるとご褒美なしにするよ!」
「あははは、うそうそ。赤い先生も可愛いよ」
「全くもう・・ねぇ?大人のキスってした事ある?」
「ないない、子供のキスもした事ないし」
「じゃ・・教えてあげる・・」
隣に座ってきた先生は、俺のホホを両手で挟み、キスをしてきた。
初めは唇と唇の軽いキスだったが、突然先生の舌が入ってきた。
先生の舌は口の中でウネウネ動いて、歯や歯茎なども舐め始めた。
その舌に舌を絡ませると、先生の呼吸も荒々しくなって、キスも激しさを増した。
ぶっちゃけ舌を絡ませるなんてした事ないから、どうしていいのか分からなかった。
無我夢中で先生の舌に舌を絡ませるだけ。
それでも先生の舌が、俺の舌に絡み付いてきていた。
それだけでフルに勃起してて、正直触られたらヤバかった。
エロ本とかだとこの後はシャワーを浴びるけど、先生は違った。
そのまま押し倒されて、先生が上になった状態で長いディープキス。
俺のシャツを捲り上げて、胸を擦りながらのディープキス。
今になって分かったけど、先生のキスは凄かった。
口の周りがベチャベチャになるほど舐められてたし。
歯茎とか口の周りとか舐め回すキスだった。
先生の成すがままで、気が付いたらトランクス一枚の姿になってた。
完全に勃起したチンコを、トランクスの上から指先で擦られた。
「ホントに元気よねぇー。ねぇ、すぐイッちゃうんじゃない?」
「あぁ・・そうかも・・・ダメっぽい・・・」
「もぉ・・・仕方ないなぁ・・・」
そう言いながらトランクスを脱がせてくれて、先生のフェラが始まった。
いつもとは違って、いきなり咥えず、玉袋や裏筋を舐めるフェラだった。
それだけでビクビクしてて、いつイッてもおかしくない状態に。
「ダメよぉー、まだイッちゃ・・・ダメだからねぇ・・・」
はい・・って返事をしようとした瞬間、先生は亀頭を口に含んだ。
思わず「はい・・」じゃなくて変な喘ぎ声っぽい声を出してしまった。
そこからはいつもの夢心地。
いつもと違うのは、フェラしながら先生は太ももとかも撫でてくる事。
当然数分ももたずに終了。先生の口の中に思いっ切り放出した。
イッた後のチンコを丁寧に舐めて、先生は精子をティッシュに出した。
そしてテーブルにあったお茶を一口飲んで、またベッドに戻ってきた。
「早すぎだよっ!もう・・・」
「はぁ・・だっていつもより凄いからさ・・・」
先生は隣に横になって、2人で天井を見ながら話をした。
「なんかさぁ~不思議だよね、なんか」
「うん・・」
「そうそう、あたし多分卒業したらすぐ結婚するかも」
「へぇー、予定通り?」
「まぁーね。でもなんか考えちゃうんだよなぁー」
「何が?」
「彼氏の束縛とか色々ね」
「色々って?」
「色々よ!こんな立派なモノ持ってる人には分からないわよっ!」
いきなりギュッとチンコを握ってきた。
実は会話の途中から、既に勃起していた。
「あぁ・・・彼氏のがちっちゃいとか?」
「あはは。そんな事はアタシの口からは言えない!」
「へぇーそーなんだ。じゃ、先生はいつも欲求不満なんだね」
「そうでもないよ。ただ・・・少しね・・・」
そう言うと、また先生はガバッと上に乗ってきてキスをしてきた。
今度はさっきより余裕があったから、ゆっくり先生のキスを真似てキスを続けた。
「ねぇ、先生のアソコって見たことないんだけど」
「やっぱり見たいもん?グロいよー」
「いいじゃんいいじゃん。見せてよ」
先生を全裸にしたら、想像以上の巨乳にも驚いたが、もっと驚いたのはパイパンだった事。
「彼氏が剃れって言うからね・・・」
先生はベッドの上の方に座り、足を広げた。
「見える?グロくない?」
「あんまり見えないから広げてみてよ」
先生は両手で左右にアソコを広げた。
パックリあそこが開き、ネラネラした液体と一緒に、アソコが丸見えになった。
「ここが・・・クリトリス・・・分かる?」
「うん・・・これでしょ?」
「はぁっ・・・そ・・う・・・そこが気持ちいいの。触ってみる?」
どう触っていいのか分からないまま、指先でクリトリスを触ってみた。
やっぱり下手だったらしく、途中から先生が俺の指をを持ってきた。
「こう・・触る・・の・・・こうやって・・優しく・・」
「先生、舐めて欲しい?」
「もぉ・・・舐めたいの?」
「イヤだったらしないけど」
「うん・・・舐めて?」
無我夢中で先生のアソコを舐めた。
今思えば無茶苦茶だけど、ベロベロがむしゃらに舐めた。
舐めている間、先生はずっと俺の頭を押さえて喘いでいた。
それから横に倒れたシックスナインになって、お互いのアソコを舐めあった。
「ねぇ・・・入れたくなっちゃった。すごい硬いよ・・」
先生は上に乗って入れてきた。
椅子に座った騎乗位は経験していたが、先生の巨乳を見ながらだと最高に興奮したけど、荒々しくオッパイを揉むぐらいしか出来なかった。
先生は勝手に腰を振って、胸を揉む俺の手を握りしめてイッていた。
その時はイッたとか分からなかったけど。
「正常位とかやってみたい?」
ハァハァ言いながら先生は聞いてきた。
もちろんやりたかったけど、自信がなかった。
まず入れようとしても、どこに入れたらいいのか分からないし。
先生がチンコを握ってあてがってくれなかったら、完全にケツの穴に入れようとしてたと思う。
そのぐらいテンパッてた。
ぎこちない正常位とバックをやった。
腰の動きは完全にダメダメだったけど、先生自身も動いてくれたから、先生は良かったみたい。
俺はスグにまたイッちゃったけど、その後2回もヤッた。
最後の先生は狂ったように腰を振ってたイメージが、今でもハッキリ覚えている。
結局その日を最後に、先生とは会う事は無かった。
今こんな事してたら、先生が淫行で捕まってるなー。