エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    2016年07月

    夏休み限定のつもりでバイトしてましたが、戸田エ○カに会えるので続けることにしました。
    でも、学生なので平日は夜からになってしまい、いつもの時間じゃなくなってしまい今日まで会えませんでした。
    でも、今日やっと会えました。
    久しぶりに見て、喜んでたらレジに来て、「あ…」って言われて、「えっ!?」って驚いたら、「あ、いえ、しばらく見てなかったんで辞めたかと…」
    って言ってくれた!
    緊張しすぎて何言ったか忘れたけど、その後、立ち読みしてる所に行き、レシートにアドレス書いて渡しました。
    そして今、メールが来ました!
    タイトル・絶対に秘密ですよ?
    こんばんわ
    まだバイト中ですか?
    私とメールすることは絶対絶対ヒミツですよ
    誰にも言わなかったら…
    良いことあるかも笑
    いずれ強引にでもセックスします。

    もうくりちゃんうずうずしちゃって、腰ゆれちゃってます//
    でも、触ってはいません//
    ブラもつけてます。
    下着は、薄ピンクの花柄で、リボンもついてるやつです。
    まずおっぱい揉もうか。
    服の上から大きく下から持ち上げるように揉んで、それから円を書くようにね。
    乳首の辺りは触らないで
    はい、おっぱいもみます//
    ぁんっ 乳首触りたいよぉ//
    おまんこひくひくしちゃいます//
    下は触る真似だけしようか。
    パンツの上からゆっくり縦筋に沿って指這わせてごらん 、空中で
    ゆっくり・・・ギリギリ触れない感じでゆっくりなぞってね
    はぁんっ 本当に触ってるわけじゃないのに、なにこれぇ//
    すごくもどかしいよぉ///乳首とくりちゃん触りたくてしょうがないの// 【エアオナニー…【エッチ体験談】】の続きを読む

    出会い系はサイト選びかつ利用方法を間違わなければ割と楽しい。この条件に合う人しか返信しないと伝えれば条件に応じた人からしか返信がこない。まれに違う人からくればシカトすればいい。援助の書き込みが比較的に多い場合は割かし会える人が多く存在する。そして自分の紹介で援助は嫌いだとか否定してるのは男を引き付ける罠と言ってもいいかな。俺は援助はしない。よくホテル別二枚とか書いてあるが、一回の為に二枚払って遊ぶよりは、ポイントを上手く使い特定の人と何度も楽しむ方がいいから。俺は歳上の人妻でと常に募集する。ある日36歳の子持ちさん康子からメールがきた。常に心がけるのは相手の気持ちや時間を尊重することで、無理をさせないこと。こっちから逢う約束を取り付けない事とアドレスを聞かない事。この人だったらと思わせる事が大切。康子の家事の都合上大体の時間に毎日メールが来る。たわいもない会話や旦那の愚痴もあった。ある日突然返信をやめると康子さんの日課になりつつあるメールが途切れ、ちょっとした時間が空くと、アレどうしたのかな?と返信が来て、その返事に昨日は大事な仕事が急に入って大変でした。上手く行きました。返信に何かそういうのって嬉しいよねと自分に当てはめてた言葉が来たので、急だったし大変でどうなることかと思ったけど良かった。今日仕事をまとめて明日は休みをもらいました。そういれると休みの日は?暇です。会ってみよっか?となりました。無論断る理由もなくランチに行きました。待ち合わせ場所に来た康子さんは落ち着いた感じでスタイルは普通で助手席にのってもらいドライブで隣街へ。近場はタブー。ランチを終えると車に乗り海へ行き車の中で肩を抱いてキスすると ンッと言いながらも舌を絡めてきた。そのまま車を走らせホテルにはいりソファーの上でキスをしながらスカートをめくりストッキング越しにマンを触るとアッっとピクッとシャワー浴びたいと言うがこのままがいいとストとパンを脱がし即クンニするとイャァァ ダメダメ汚いよぉと言うがめちゃめちゃ感じ、ピチャッグチュとわざと音を立てクリをいじりながら舐めるとアァァイクゥァァと ソファーに座りパンツを下ろすと即無心になめてくれ、69で十分に濡らし、生で入れ ヌルッと入りグチュクチュと聞こえるようにわざとゆっくり出し入れすると、もっとしてぇアッァッイイヨエッチな音すごいね、アァァンッとマッハで突き口の中に出してその日は終わり。今でも会って

    あけ放った縁側から田舎道をはさんでさわさわ竹林をなびかせる涼風に頬をなでられ、
    さかさまに見上げる垣根とひさしで陰になっていても午後の日ざしはうだるようで、肩甲
    骨までまくりあげられたワンピースの下、こんなにもひんやり気持ちいい畳にシャワーを
    浴びたばかりの裸の背中を横たえさせているというのに、一本づつ深々とからめた指の先
    までも汗ばみ、びくんびくんといやらしく背中が跳ねて、そのたびに彼女にコントロール
    される体がきゅぅっと芯から引きつってしまう。
     からめとられ、ほどきようのない……聡美さんの指は、しなやかでとてもエッチなのだ。
     純和風のほっそりした面立ちにものやわらかな笑みをたたえ、しっかり右手はあたしと
    つないだまま、自由な方の手が下半身めがけてつぅっと肌を焦らすようにとろかすように
    這っていく。
    「我慢しないで。律子ちゃんの声を聞かせて、ね」
    「あ……あ、あ」
     必死で腰を浮かすのによつんばいで膝をつく聡美さんからは逃れられず、前後同時に指
    の腹でふにふになぞられ、柔らかく熱した鋭敏なふちを2本の指で開かれたまま、ぎゅっ
    と我慢してた後ろのすぼまりのまわりを揉みほぐされちゃうと、もう頭なんかまっしろ、 【夏日和【エッチ体験談】】の続きを読む

    ごめんなさい!
    遅くなりましたが、金曜の晩のこと報告します。
    えっとぉ・・・やっぱりオチンチン入ちゃいました★
    てゆうか、また・・・って期待してるトコです☆

    最初飲み屋さんに行こうと思ったのですが、
    すごく混んでて、結局ホテルで二人で飲み会しようってことになりました。
    彼氏とも別れちゃったことだし、もうその時点でHもOKしました。
    お風呂から裸で出てきた彼を見てびっくりっ!
    マッチョ好きの私にはたまらない体〜☆
    アメフト部の人の全裸って初めて見たんですが、すごぃ筋肉たくましくてっ!
    でも、それ以上にオチンチンが!オチンチンが!すっごぉ〜いのぉ〜☆
    (体とオチンチンはたいてい反対だったりするんですが。。。)
    もう!もう!☆しばらく見とれちゃいましたぁ!
    初めからお腹に付いちゃうくらい勃起しちゃってるのもすごぃし、 【マゾ娘の報告【エッチ体験談】】の続きを読む

    僕には同い年のいとこT子がいます。
    昔は自分の家に親戚一同が集まって年越しをしていました。
    T子は目がクリっとしていて可愛いコで、当時とても好きでした。
    年に一回だけ、その年越しをする日だけはT子が自分の家に泊まって行ったのです。
    あれは自分が中学2年のお正月でした。
    年があけて親同士は初詣に出かけました。
    僕は寒くて出かけるのが面倒だったので、
    自分の部屋で布団に入って本を読んでました。
    T子も行かなかったようでした。
    家にはT子と自分の二人だけになりました。
    親達が出かけてしばらくたってから、
    自分の部屋のドアをノックする音が聞こえました。
    「は〜い」
    「入っていい?」
    奥の部屋で寝ていたはずのT子の声でした。 【精子出るとこ見せて【エッチ体験談】】の続きを読む

    先日、HPにあった「いつどこでゲーム2」というのを彼女が見つけたので、せっかくだしと言われて、私がやってみることになりました
    結果は、「夜に公園で雨合羽・ポンチョ一枚になってローター・バイブを使う」
    でした

    丁度その日の夜は散歩があったので、私はいつもの散歩の代わりにこれを行うことになりました

    その日の夜、彼女が買ってきてくれたカッパを家を出る前に着てみました。普段は全裸ですごすようにといわれているので
    カッパとはいえ服を着ているのは不思議な感じでした
    外に出ると、全裸で四つんばいになっているAちゃんと、首輪の紐を持っている彼女が待っていました
    私が傍にかけよると、彼女は私に紐を渡し、今日は特別に私が紐を持つようにといわれました
    四つんばいになったAちゃんを、カッパだけを着た私が紐でつないでいる
    なんとも不思議な状態だと彼女は笑っていました
    私が紐を引っ張って歩き始めると、Aちゃんは彼女のいつもの歩幅と違うからかすこしもたもたしていました
    いつもの道を通るだけですが、裸よりも中途半端にカッパを着てる今のほうが恥ずかしいように思えました
    ビニールの冷たい感触が肌をこすりつつ、もたもたと公園までつきました 【あき【エッチ体験談】】の続きを読む

    朝礼が終わって、教室へと戻ったときに、
    「残念ながら、男のほうらしいぜ」
    後ろの席の佐藤が、そう教えた。
    「…え?」
    「実習生。うちのクラスに来るのは、男のほうらしい」
    「ああ。そうなんだ」
    つまり、いましがたの朝礼で紹介された二人の教育実習生のうち、男のほうがこの二年A組付きになるという情報だった。
    「ツイてねえよな。せっかく、女子大生とお近づきになれるチャンスだったのにさ」
    「うーん…女子大生つってもなあ」
    いかにも無念そうな言葉に、修一は同調する気になれない。女性のほう、佐藤の拘る“女子大生”は正直さほど“お近づき”になりたいタイプでもなかった。
    「それでも、ニヤけた優男よりは何倍もマシだ」
    「…まあ、そうかもな」
    譲らない佐藤に適当に合わせながら、周囲をうかがってみる。
    その情報はすでに広まっているようで、教室の雰囲気は少し違っている。なるほど、女子生徒のほうが盛り上がっているみたいだ。
    やれやれと修一が軽いため息をついた時、チャイムが鳴った。 【教育実習生【エッチ体験談】】の続きを読む

    エロビデオみたいだけど高3の時、
    同じ部活の女友達がうちのお父さんとセックスしてた。

    見てて最初はキモかったけどちょっと萌えた。

    普通に土曜日うちのお父さんが非番で休みの日で、
    お母さんは妹の小学校のバレーの練習に行ってて、
    私は部活も休みだったから美容室に行ってた。

    本当はそのあとに他の友達と会う予定だったけど、
    ドタキャンされて、家に帰ったらセックス現場にって感じ

    友達と会う予定をドタキャンされたから、
    お父さんに伝えた帰る時間より早く帰っちゃった。
    私がまだ帰ってこないと思ってたんだろうね。 【黒島結菜似の友達がお父さんとセックスしてた【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    その場に崩れそうになった嫁を後輩が支えて
    ベッドまで連れていってから嫁にまたさっきのバイブを挿入して
    電源を入れたら嫁はまた悶えるように反応してたようで

    後輩がその状態でフェラしてくださいねと
    嫁の目の前に差し出したら無言で咥えこんでフェラを始めたらしい。

    そのまましばらくしていたら嫁の動きが止まって
    フェラを止めて口から離すとその場でうずくまるようにして
    イってしまったらしい。

    そして嫁が後輩にもういいでしょ?入れてよと言ったので
    後輩は後ろに回ってバックの状態で嫁に一気に挿入したら 【美人の嫁をレスにしておいて寝取らせた 続13編【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ