エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    2015年09月

    私は、仕事が終わって飲みに行くときにはいつも
    自宅に帰ってから出るのですが、あの日はなんか帰るのが面倒でスーツ姿のまま行きました。
    腹も減っていたしとりあえずよくいく居酒屋へ急ぎました。
    車を止め、中へ入って行くと混んでいて座るところと探すと
    カウンターの端の方から2つ目が1人分だけ空いています。
    そこへ座ると隣の席のジャージ姿の若い女の子(後から20歳とわかる。)が
    「あっ!」と小さい声をあげこちらを見ました。
    その子に「ここまずかったかな?誰か座ってるの?」
    と聞くと「友達が来るはずなんだけど来ないから座ってもいいですよ、どうぞ!」
    と言ってくれました。
    で、それからしばらくその子をそれをきっかけにいろいろ話していました。
    そのときはまさかあんなことになろうとは思わず、
    まあこの子の飲み代くらいおごってあげてもいいか位に思っていたのです。
    30分もたったでしょうか、
    彼女が「おにいさん、実は私をナンパするつもりでここに座ったんでしょう?」 【とある居酒屋での出会い【エッチ体験談】】の続きを読む

    昔、アパートで一人暮らしをしていたときの話。

    斜め上に住んでいる独身の香奈ちゃん(仮名・矢口マ○似・24)が俺の家のピンポンを押したと同時にドアを開け部屋に駆け込んできた。
    「ね、ねー、いるー?」

    まあ年が近いせいもあって普段から仲がいいのだが、あまりにも急だったので驚いた。
    「うわっ、どうしたー?」
    俺はパンツ一丁の姿でソファーに座り、ボーっとエロビデオを見ていたので、ビクッとして速攻消した。恥ずかしかった。しかし香奈ちゃんの表情を見て恥ずかしがってる場合ではないと一瞬で冷静になった。香奈ちゃんはなんだか怯えてる。
    「おいおい、震えてるじゃん」
    俺がそういうと香奈ちゃんは俺の胸にしがみついてきた。俺は分けが分からなかったが、無言でそっと抱きしめた。香奈ちゃんの胸が俺の腹筋の辺りにあたる。
    「ちょっとまって」
    俺は股間がビデオのせいで大きくなっていたので、やばいと思い香奈ちゃんを離した。
    「・・どうした?大丈夫か?(俺は大丈夫じゃない)」
    「・・・うん。ごめん」
    俺は香奈ちゃんに熱いコーヒーをだし落ち着かした。しばらくすると落ち着いたらしく香奈ちゃんが口を開く。 【エロビデオを見てたら突然・・【エッチ体験談】】の続きを読む

    町内で子供も保育園で同級生の夫婦としてる。
    周りからは家族ぐるみで仲が良いとしか見えないはず。

    週末に近場の温泉宿に行ったりしてすることが多い。
    子供たちは興奮して早く寝ちゃうから、それから大人タイム。

    家族風呂も小さな子連れの二家族ぐらいなら、
    みんなで入っても怪しまれない。

    子供も一緒だから、裸鑑賞でウォーミングアップ
    ぐらいしかできないけど。

    旦那二人は湯船の中でアソコ大きくしてるw

    どっちの夫婦も子供はもう生まないから、 【子供の保育園で同級生の夫婦とスワッピングしてる【エッチ体験談】】の続きを読む

    高校の時仕事が忙しかった親がたまたま休みが取れたというので某G県の温泉旅館に行くことに。
    そこは周りが山ばっかで景色もまあ良かったしGWとかじゃないのでさほど混んでなかった。夕食は微妙だったけどまあ満足
    そしてその旅館は朝5時から風呂が開いてるらしく翌日早起きして入りに行った。一番乗らしく露天風呂を一人満喫してた。
    しかし五分後くらいにドアの音がしたので目を向けると2~3歳くらいの子抱えたオッサンと章3,4くらいの女の子が入ってきた。
    親子は露天風呂の方に来たのでおっさんに軽く挨拶して娘の方を見ると結構色白だった。
    胸も膨みかけで先がとんがっててエロかったが凝視するわけにもいかず、おっさんとちょい世間話をしながらチラチラしか見れなかった。
    しかし縁に座って微妙に足を開くので無毛の万とピンクのお豆さんまで丸見え、無情にも反応する息子。なんとか隠しながらオッサンと戦闘(世間話)していると、
    息子の方が泣き始めた。おっさんがなだすも、なかなか泣き病まない。諦めたのか「ちょっと先帰るけど○○(娘)どうする?」
    「うーんもうちょっと入ってる」「そうか。じゃあ君もまたね」と言って出てってしまった。
    残された俺とその子

    大学1年生(19)の頃、講師をしてた塾で知り合ったその子は当時高校1年生(16)。

    その頃からすでに巨乳ぶりは健在で、一人だけ制服のワイシャツがキツそうな状態でした。


    その為、当時からエロ盛りの中高生男子生徒の間で「あの子、身体は小さいのに胸大きくね?」「何カップあると思う?」など頻繁に話題になっていました。(実際はF〜Gってことです)

    その子から恋愛相談をしばしば受けていると、ある日携帯ブログのURLを教えてきました。

    「そこに詳しい悩みとか書いてあるから読んで下さい」ってことでしたが、そこまでマメじゃない僕は、教えられた日にちょこっと見た位でその後は全く見なくなりました。(その後、彼女は高2の時に退塾)


    そして月日は流れ…。

    【ロリ巨乳な元生徒。【エッチ体験談】】の続きを読む

    これは高校2年のときのことです(2004年だけど

    高2の夏休み、去年同じクラスで友達だった
    女の子Rさんと一緒に遊ぶことになった。

    僕は部活をしてなくてRはバドミントン部に
    入っていた。同じクラスだったけど中学も違ってたし
    あんまり接点はなかった。
    僕たちが友達になったのは文化祭のときだった。
    ある出来事がきっかけで仲良くなった。

    二年にあがるとき、クラスは分かれたけどメールしたり
    電話したりしていた。学校でのことや友達のこと勉強のことなど。

    夏休みに入って僕はダラダラしていたけど、Rは合宿や大会で 【高2の夏休みープリクラ【エッチ体験談】】の続きを読む

    会社の同僚達と忘年会をした後のことです。
    そのまま先輩女性の家で飲みなおそうということになり
    先輩女性と先輩男性と僕と新入社員である僕の彼女の4人で家に向かった。
    先輩社員2人は恋人同士なのだが、僕と彼女は付き合っていることを会社で内緒にしていたので
    ただの同僚という感じで接していた。
    先輩女性の家に着いて、かなり酒も進んだあたりから
    会話の内容が先輩2人の体の特徴や先輩男性のオナニーの仕方、
    盛り上がるためにAVを見ながらSEXするなどのエロい内容となり
    とうとうそのAVをみんなで見るという最悪の展開となった。
    彼女は会社でも清楚な感じでかわいらしいイメージを持たれており
    とてもこの場には馴染んでない感じだった。
    そしてそんなエロトークも終わりのころに先輩女性はソファーで眠り込んでしまった。
    すると先輩男性が僕の彼女にもう遅いから泊まっていきなと言ってきた。
    先輩女性の家だし風呂も気にせず入れるし寝るのもあいつと一緒なら大丈夫だろとのこと。
    僕も彼女もまあみんないるし女性の家だからということで泊まることにした。 【彼女の秘密を見られた【エッチ体験談】】の続きを読む

    中3のときに兄貴の同級生の彼女とキスと胸を触らせてもらった。
    それは以前にも書いたので詳しくはそこで!


    それから俺が高校卒業してすぐのこと。
    すでにYは当時付き合っていた兄貴の同級生とは別れ、別の男と付き合い、妊娠して結婚したのだが・・・
    すぐにその旦那と別れてしまった。話は聞いていたがYとは2年ぐらい会っていなかった。
    ある日、ある会にひょいと姿を現した。そのときは子供もつれて・・・久しぶり〜って感じで少し話した程度だった。
    そのあとに二次会に行くことになった。Yは子供を実家に住んでいて子供を親に預けて二次会にも顔を出してきた。
    夜もだんだん暗くなり、12時を過ぎたころ俺は家の鍵を持ってないことに気づき・・・
    家に電話するがもうすでに家族は寝てしまっているみたいで・・・きっと玄関閉まってるし・・・どうしようかな?っということでそのときは一緒にいた男の人が俺の家に泊めさせてあげるよ。
    という感じだったのだが、その人は同棲中で彼女に確認を取ってみると彼女が拒否。
    それで俺はどうしようかな〜?って迷ってたときにYが「あれだったらうちに来る?」っと言い出した。
    俺は中3のときのことを思い出して興奮したが、よく考えればYは実家に住んでいる。
    ということは本当にとまるだけだなっとちょっと残念な気もしたがとりあえず泊まるところを確保できたので一安心。 【兄貴の同級生の彼女と・・・2【エッチ体験談】】の続きを読む

    Kichhiが初めて処女の女の子とSexしたのは高2の時でした。
    年上の彼女の家に遊びに行った出来事!
    彼女のお父さんは画家で1Fで仕事に集中していて
    彼女曰く部屋にはここ何年も一度も来ないそうです。
    音を出さなければ大丈夫だと聞かされ
    いい雰囲気になったところで「キス」をしたら
    その子に「初めて」だと知らされたのです。
    で僕も素直に「初めてだよ」と言い
    無我夢中で膣口の場所を探し、ぎこちない体位で
    結局、痛さだけを与えてしまったのです。
    その時はとても教えてあげるというレベルではなく
    短い時間であっけなく終わってしまったをよく覚えています。
    しかし自分の中では初めて処女の女の子とSEXできたのが大感動でした。
    そしてそれがきっかけでとんとん拍子にバージンの子と
    出会えたのです。特別テクニックや知識が豊富でもないのですが 【彼女の部屋で【エッチ体験談】】の続きを読む

    「ああう、お母さんっっ!」、もう何度自分の母親のことを妄想して射精しただろう。
    涼子、41才。 母親にして俺のオナペット。 専業主婦だったが、最近はパートに出るようになった。
    自分の母を捕まえて人妻というのもへンだが、俺から見たらかなりの「かわいい」系人妻だ。
    小・中学の父兄参観日に母が来ると、自慢したくなるほどだった。
    実際、中学の時にはクラスメイトから「お前の母さんでオナれるよ!」と言われてから、特に母を「女」
    と意識するようになった。
    今では母と行くこともなくなったが、市営プールなどで母の水着姿を見ては、目に焼き付けオナニーした
    のもだった。
    また、母の水着姿をイヤらしい目で視姦しているオヤジ達に興奮もしていたものだ。
    母が身につけたその水着をオナニーの道具にし、精液で汚したことも何度かある。
    とにかく、母とセックスがしたくてたまらなかったし、それは今でも変わりない。
    唯一、母にされた性的な行為は小学6年生の頃だ。
    包茎のペニスの不衛生さを指摘されたときに皮を剥かれながら、「痛かったら言ってね。」と言われながら、
    細い指先でペニスを弄ばれたことだ。
    皮を剥かれたことによる痛みで勃起はしなかったが、今でもそのことを思い出しては、オナニーすることが 【母、涼子を思い・・・。【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ