エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    2015年05月

    たくさんの男性達が見つめる前で、S子はアクメの余韻にいやらしく腰を蠢かせます。はあぁ・・・ン・・・ンっ・・・・ンンン・・・ゆっくりとチンポを出し入れするS子。
    ときおりビクッ!ビクッ!と腰を痙攣させながら…。少し落ち着いたS子からチンポを抜き、しゃぶるように命令しました。S子は肌蹴ていたガウンを直し、私の前に跪きながら、自分の本気汁でヌルヌルのチンポを咥えます。右手で扱きながらカリ首をしゃぶるS子…。
    扱くタイミングと口の動きもピッタリ合い、とても上手くなっています。“チンポしゃぶるのが上手くなったなぁ・・・旦那は知ってるのか?”
    一瞬顔の上下の動きを止め、首を横に振るS子。
    “あの・・・コンバンハ。”とNさん。いきなりの強烈な場面に声もかけられなかったみたいです。“済みません、何人か来られなくなって、男は6人になっちゃいました。
    あと女性なんですが、少し遅れそうです。”私はS子にチンポをしゃぶらせたまま、男性達にシャワーを浴びてきて下さいと言いました。シティホテルとはいえバスルームは狭く、一度に2人入るのが精一杯。
    Nさんと残り3人は、S子のフェラをベッドに座りながら見ています。“Nちゃん、ホントにこの子と遊べるの?ムチャクチャ美人やん!”3人の一人、Kさんと言う方が、信じられないという顔をしながらNさんに聞いています。苦笑いをするNさん…。“S子に聞いてみましょうか?”と私。“ほら!チンポしゃぶってないで皆さんに挨拶しなさい。”私はS子に挨拶の練習をさせていました。S子はチンポから口を離すと、私の顔を下から見上げ、恥ずかしそうに確認します。
    顔は赤く上気しています。私はS子に頷きました。つまり練習通りに挨拶しなさい!と言う意味です。
    覚悟を決めたS子は、ガウンのまま正座。
    両手をついて・・・“初めまして…S子です。今日はS子の為に集まって頂きありがとうございます。
    今夜はS子を玩具と思って、好きなように扱って下さい。
    体中を皆さんの種汁でグチャグチャに汚してください。”
    シーンと静まり返る部屋…。Kさん:“という事は遠慮しなくていいってことね?”ハイ・・・とS子。Kさんは立ち上がると服を脱ぎながら、“俺出てくるときにシャワー浴びて来たし・・・”と…。
    “S子ちゃん、ズボン脱がせてよ!”ハイ・・・とS子。S子はKさんのズボンのベルトを外し、フックを空けチャックを下します。こちらから見ても、Kさんのチンポは既にビンビンなのが分かります。パンツを下したS子の動きが止まりました。
    S子の目の前に現れたチンポ・・・巨根です。ゆうに20センチは有ろうか…というKさんのチンポ…。“すごい・・・おっきい・・・”そう呟き、S子が息を飲むのが分かりました。私のチンポは17.5センチ、決して小さい方では有りません。Kさんの物は私の二回りは大きい上、見事なくらいに上に反り上がり、カリも素晴らしく張っています。あまり背も高くないKさんですが、先天的なバネを感じる筋肉体質です。 【勿体無いほど美形の人妻・番外編②【エッチ体験談】】の続きを読む

    僕の視線の先には、密かに育まれた命が一生懸命生きようとしている。
    堕落しきった僕とはまるで、正反対の世界にいる君。
    君がそこにいる事がわかったのは、本当に偶然なんだ。
    君のママ「もう半年も来てないんだよね~♪生理不順まじサイコ~♪」
    モブ「妊娠したとか?」
    君のママ「いや、あたし処女だし」
    モブ達「うっそ?このご時世に遅れまくりまくび~♪」
    君のお母さんは顔と胸に栄養をとられ過ぎて、こんな感じのおバカさんなんだ。
    正直、こんなのが君のママになるなんて…。
    そうそう、君がそこにいる理由を話さなきゃね♪
    あれは…。

    ある日、君のママのグループが僕の秘密基地であるログハウスに無断侵入してきたときだったね。
    あの時、僕は君のママの写真を見ながら至福の時を過ごしていたのに
    窓ガラスが割れたと思ったら、君のママのグループがやってきたんだ。 【密かに育まれた命 【エッチ体験談】】の続きを読む

    人妻ヘルス嬢をしている4年目の者です(4年半かな?)
    ヘルスで働く事は、人に言えないけど、私の心の中では生活の為とか言い訳できるけど。
    今の私、高校生の娘がいる母親じゃないよ。馬鹿みたいに3ヶ月前から出会い系に嵌まってるなんて、休みになって暇になると誰かと会ってる、今日もお昼から夕方まで出会い系で知り合った男性とホテルに居た。
    何で嵌まったかは、H好きだからとかじゃなくて、現実逃避かな。お店では私の身体は商品、物、男性に奉仕する女、優しいお客さんも居るけど、やっぱり…
    もちろん出会い系で会う男性も私の身体が目的なのも解ってるけど、違うんだよね。
    私、出会い系では、普通の主婦で、旦那さんが単身赴任中、初めて出会い系利用した事にしてる。
    援助交際は、しない、お店と同じになるから。
    今日会った人は、43歳の男性。話も上手だった。ホテル入ると一応私駐車場では駄々こねるんだ、演技だけど。
    嫌々入ったふりだけするの。お風呂の準備やコーヒー入れてくれて、ソファーに私座ってホテルの案内読んでた「こんな衣装とか売ってるんだ」とか言って。横に座ってきて私を抱きしめようとする、一応「そんな気ないから」とか言ったよ、気分は、普通の奥さんと言う感じかな。
    シャツの上からオッパイ触ってくる、優しく。お店では結構強く揉みだす人多いから。「胸大きいね、何カップ」皆聞くんだよね男の人。「EかなGかな」「巨乳だね、旦那さんには触られてないの?」「単身赴任中だし、もう2年くらいセックスレスだから全然」「浮気とかは」「した事ないよ、今日なんか心臓破裂しそうだよ」とか演技して会話した。
    Tシャツ脱がされて、スカート脱がされて、いつもは、お客さん脱がせて自分で脱ぐ、まるっきり逆。私が脱がせなくても自分でネクタイ外して脱ぎだしてくれる。
    ブラとショーツだけにされると恥ずかしがって両手で隠した私、ブラのホック外されても手をどけないと「恥ずかしがらなくてもいいよ」と言って手を外されて、乳首を触りだされた、「久しぶりに触られたらどう、気持ち良い?」「頭が白くなってきた」「可愛い乳首してる」とか言ってぺろぺろ舐められた、ソフトで気持ち良いんだよね。
    ショーツの上から撫でるように敏感なあたり触られる、濡れてきてる、自分でも解りだす、「ここ湿っぽいよ」と言われた。ショーツの横から指入れられてクリトリス撫でられると声でちゃった。彼を抱きしめてしまう、ショーツ脱がされる時降ろされないように抵抗した、「濡れて汚れるよ、染みてるから」「恥ずかしい事言わないで」脱がされたて裸にされると私、両手で胸とあそこ隠すように蹲った。抵抗するふりした。でも直ぐに彼にされるがままに。指入れとか無理にしてこないし優しいだよね全体に、出会い系だと。
    「お願いシャワー浴びさせて」と言うと一緒に入ってきた。
    湯船の中、後ろから抱かれるように入った、首筋にキスされて、オッパイ揉まれたり、乳首摘まれたり、弄られながら、クリトリス撫でられた。受身でいいんだよね自分から何もしなくて。お湯から出て「洗ってあげる」とか言われ、されるがまま。 【何やってんだか【エッチ体験談】】の続きを読む

    全国送料一律無料
    主要取扱商品バッグ、財布、腕時計、靴、装飾品、小物等!
    弊社は販売グッチコピー、シャネルコピー、プラダコピー、セリーヌコピー、
    ルイヴィトンコピー、バーバリーコピー、ミュウミュウコピー、
    エルメスコピー、ディオールコピーなどを提供しております。
    本日紹介する楽天ヴィトンコピー屋は、

    嫁の知香が妊娠、予定日が近づいてきたら嫁の母親(お義母さん)がうちに泊まりにきてサポートしてくれるようになった。

    知香はお義母さんが若いときに産んだ子で、お義母さん自身も若く(40歳代)て美人。
    お義母さんがもし知香の年齢だったらきっと知香よりも美人でかわいいと思う。

    お義母さんはよく「早く孫の顔が見たいわぁ」と言っていて、知香のお腹の中の子はもう男の子だと分かっているので尚うれしく思っている。

    嫁の出産予定日の月になり、妊娠が分かって以来ずっと嫁とセックスしていない欲求不満の僕は、お義母さんとカラダの関係を持ってしまった。

    お義母さんと言っても一人の女性。その女性と同じ家、鍵のしていない隣の部屋で夜は寝ている。

    嫁が体調があまり良くないと早く寝てしまった夜に
    お義母さんが寝ている部屋(寝室のとなりの部屋)で・・・

    お義母さんはルームライトの豆球(オレンジ灯)を点けて寝ていて辺りはよく見えていた。 【嫁の出産月に嫁の母親とセックスして妊娠させた 【エッチ体験談】】の続きを読む

    しかし、妻の上に覆いかぶさっている男は、腰を突き上げたまま意味ありげな笑みを浮かべている。
    「エヘヘッ、兄貴、とうとう俺の亀頭が女の子宮の中にすっぽり嵌まったぜ。
    ウ〜ッ、雁首が子宮の入り口で締めつけられる。堪んないぜ〜兄貴、この締めつけが。
    奥さん、お初と見えてのびちまってるぜ。」
    「そこの変態亭主さん、あんたのご希望通り、俺の魔羅を奥さんの子宮にぶち込んでやったぜ。
    嬉しいかい?
    今も、ヒクヒク子宮口で俺の雁首をしっかり銜えやがって、亀頭が余計に膨らんじゃうぜ。
    このまんまじゃ、亀頭がデカクなりすぎて、奥さんの子宮から俺の魔羅が抜けなくなっちまうぜ。
    ま〜、俺がイクまで子宮の中でたっぷりそのの味を楽しませてもらうぜ。
    最後に子宮にすっぽり嵌まったお祝いに、俺の精液たっぷり子宮に注いでやるぜ。」
    手淫をするための妄想がもやは現実となり、事実、妻の子宮の中にまで男根が貫かれている。
    私は今までに無い興奮を覚えている。夢にまで見た他人の男根による子宮の貫通。
    しかも、もう間もなくその中が、おびただしい量の精液で満たされる。
    アア、堪らない。手淫をしている手のスピードがいっそう激しくなる。
    妻のマンコに男の男根がピッタリと嵌まり、体の重みで二つの金玉が袋の中で張りつめている。 【計画的混浴〜3〜【エッチ体験談】】の続きを読む

    私の中学の同級生の話です。

    本名を書くわけにはいかないので仮に「ぼっち君」としましょう。
    ぼっち君はその名の通り、いつも一人でした。
    勉強も運動もパッとせず誰か友達といる所を見たこともありません。
    私の学校の給食は自由に机を寄せ合って食べるスタイルでしたが、
    コミュ障のぼっち君はいつも一人で、机も動かさずに給食を食べていました。

    ぼっち君は身長も低く顔もお世辞にもイケメンとは言えず、
    当然女の子とも全く縁が無い、
    それどころか一部の女の子からは
    「キモい」だの「汚い」だの「化石みたい」だのと
    陰口をたたかれているようでした。

    ぼっち君は決して、クラス内で大々的にイジメられているというわけではなく、 【ぼっちでコミュ障が3ヶ月でリア中になりやがった【エッチ体験談】】の続きを読む

    こんな感じで下ネタに花を咲かせました。
    居酒屋を出た後は、なんとうちに来ることに!(笑)
    これはもう食っちゃうしかないんですが、とりあえずコンビニで酒とつまみを買って、うちへ行きました!
    さて、酒を飲みつつ下ネタ談義のつづきです。。

    俺「どういうのが好きなの?」
    ユイ「う〜ん、、長いのがいい」
    俺「彼氏早いの?」
    ユイ「そういうわけじゃないけどねーやっぱ長ければ長いほどいいじゃん(笑)」
    俺「そんなもんかなー?カオリはあんまり長いのは嫌がるけど」
    ユイ「そうなんだ、人によるよね〜」
    俺「まあ俺がカオリをイかせまくって疲れて動けなくなるってのもあるけど(笑)」
    ユイ「まじで!!本当にすごいんだね〜(笑)」

    30分ぐらい喋ったところで、一旦俺がトイレに。 【続 彼氏持ちのヤリマン女子大生と濃厚セックス 【エッチ体験談】】の続きを読む

    とある日曜日、俺と嫁が昼食を外で食べて家に帰ったら
    様子がどこかおかしい。
    廊下に土足の足跡がペタペタあった。
    玄関で俺と嫁は顔を見合わせた。
    「お前は外に出て警察に連絡して、そのまま待ってろ」
    嫁にはそう言って、俺はそのまま玄関から中に入った。
    今考えれば、俺も外に出て警察来るまで待ってればよかったんだろうな
    でも、今まで一日200円のお小遣いで我慢して、
    タバコも止めてコツコツ貯めたマイホーム資金の預金通帳なんかが心配になって、
    すぐにでも財産の無事を確認せずにはいられなかったんだ。
    頭に血を上らせながら部屋に上がって、
    通帳が隠してあるタンスを開けたらとりあえず通帳は無事。
    ふー、よかったよかった(;´Д`)
    これが無事なら、あとはもう小さな問題だよ
    すっかり気分がホッとした俺は、 【嫁と一緒に帰宅したら空き巣が【エッチ体験談】】の続きを読む

    僕の育った所は、東北の田舎、町には小学校1校、中学校1校しかありません。
    僕の家は学校から1里半、(約5Km)本当に田舎。中学生位になると、男も、女も体が大人に近づいてくる。男は、女性に興味を持ち、女性は、生理が
    始まる、教室で生理になり、泣いてた同級生が今でも鮮明の覚えてる。ませた、同級生が「センズリ」(自慰)の話をして、クラス全体に広がっていく、
    当然、性交の話も、面白、おかしく話す、 あまり知らなかった僕は、耳をダンボにして聞いた
    ものである。そんなある時、犬と性交の話を聞いた、 自宅で犬を飼ってるので、学校から帰って試した、母は、畑仕事をしてるので、夕方でないと帰らない、 チャンス。雌犬を、後ろから押さえ、犬の性器に挿入しようとしたが、犬は痛がり中々入らなく、
    1度目は失敗、考えた挙句、オロナインを塗って滑りを良くしてチャレンジ、やっぱり犬が
    痛がり、犬は駄目だった、次に、挑戦したのは「山羊」
    山羊は、えさを与えて、おとなしく食べてるとき乳を搾る、同じ用に、餌を与え、その時に
    挿入を試みた、 出来た、挿入出来た、しかし、山羊の性器の穴は全然締りが無い、
    ピストンを繰り返しても、全然感触が無い、射精まで往かなかった。残念次に「羊」に挑戦
    挿入するまえに、指を入れようとしたが、羊が暴れてどうしても出来なかった、ある時、母が「山羊の子供や生まれたときに、人間の頭をした山羊が生まれた」と言ったので
    本当にその時は驚いた、
    もしかした、僕が山羊との事を知ってたのかも、絶対にそんな山羊の子供が生まれるはずが
    無いのに、今度、機会があったら、知ってたかどうか聞いてみようと思う、

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ