エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    2014年09月

    ちなみに俺のスペック
    現在高2、男子校通い

    ちょうど去年の4月ごろの話だ。
    俺は高校生になったことでいきなり彼女がほしくなったんだ。

    しかし俺は中高一貫の男子校。
    どこで女の知り合いを作っていいかもわからなかったので、とりあえずmixiで知り合いを作ることにした。

    そこでとりあえず手当たり次第にマイミク申請を送ったんだ。

    何人からかは出会い厨乙みたいな感じのメッセが送られてきたんだが、まあ3人くらいとはうまく仲良くなることができた。

    それぞれドロル、アゴ、巨人とする。
    【俺が五股かけてたころの話【エッチ体験談】】の続きを読む

    この前の続きです。興味がある人だけで最後まで読んで頂けると幸いですm(--)mペコッ
    ゆきはKのキスだけで今日はもう終わろうと思っていました。しかし…Kの手は次第ににがっていき、ゆきの胸をもんできました。ゆきは自分でオナニーをする時も胸を触るらしく、番敏感なのだそうです。なのでKに胸をもまれただけで、大きい声で喘ぎました。
    ゆき『…せっ…せんせぇ〜…はぅっ…おっぱいは…あっ…あっ…』
    K『なんだ、ゆき?なにいってるか全然分かんないぞ?ちゃんと言ってみろ。』
    そう、K先生にはSっ気があったのです。ゆきはどちらかというとMの方なので、さらに興奮度がUPしました。
    ゆき『せんせぇ〜…おっぱいばっ…かり…攻めないっ…で…あんっ…。』
    K『そうか。ゆきはおっぱいが感じるんだなwじゃぁ…もっといじってやる。』
    そういうとKは乳首もいじりだし、乳首の周りも攻めてきました。
    ゆき『あっ…あっ…せんせぇ…あんっ…ハァハァ…他のとこもっ…ゃって…?』
    ゆきにKはこう言われさらに興奮し、うなじや首や背中、鎖骨などにも舌を這わせ、スカートを脱がし、パンツを太股のところまでろしました。そしてゆきのマンコにキスをし、舌で舐めまわしました。舌をゆきのに入れたり、周りを舐めたり、攻めたりしました。
    K『ゆき…。指を入れてもいいか?』
    ゆきは恥ずかしいらしく、なにも言えなかったのでKは勝手に指を入れました。ゆきのアソコは十分潤っていたので、スムーズに入りました。Kの興奮は更に悪化し、たまらなくなって、ズボンから取り出し、ゆきに『舐めて。』といいました。ゆきも多少の知識はあるらしく、精一杯口を大きくして、舌で舐め始めました。といっても、ゆきのフェラはすごいらしくn口ので舌で舐めたと思うといきなり、にしごいたりしました。その凄さにKはイキそうになり、ゆきの頭を掴み、思いっきり口のに出しました。ゆきはそれをゴクッと飲み干し、ニコッと笑って『先生のまずくなかったよ♪』といいました。そんなゆきをKは愛しく想い、ディープキスをしてから挿入の準備をしました。
    ゆき『先生…今日は安全日だから、に出していいよ…?』
    といったので、Kはに出すことを決め、妊娠しても俺が責任を取る!!と心に決め、ズブッと挿入しました。
    ゆき『…あっ…あんっ…先生のっ…ちんこ…めっちゃきもちいい!!あたしのでうっ…動いてる…うっ…あっ…あ〜!!』 【先生と生徒の関係続き〜【エッチ体験談】】の続きを読む

    (仕事帰りに立ち寄った書店のアダルトコーナーで早希に出会った夜)
    (早希に用があるから会社に来るようメールをして、日頃自分たちの使う部所の中心に椅子を置いて早希を座らせて)
    ……何で呼び出されたかはわかるね?
    …君は真面目でよくやってくれてるからね。周囲の評価もあるだろう。
    そんな君があんなところにいたとなると……ね?
    ぶ…部長…あ…あれはその…
    (何とか言い訳をしようとするが見られているので
    言い逃れできない。)
    い…いつもじゃなくてたまたま…で…出来心で…
    そうかそうか…なら、みんなにそう言って納得してもらうかい?
    …難しいと思うがね。
    (優しい笑みを浮かべたままそう冷たく言うと、掌を早希の乳房に伸ばしてわしづかみにして)
    …それよりは、今私をなんとか口止めしたほうがいいと思うがね?
    (片手で乳房を揉みしだきつつ、もう一方の手を懐に入れて)
    (小さな筆を一本取り出すと、耳の後ろから首筋をくすぐりながら何度も往復させて) 【部長…【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺が大学生の頃、友人2人が知り合いの女1人を誘って、夜ドライブに出かけた
    結構、辺鄙で薄暗いところまで来たなと思ったら、友人が連れてきた娘を卑猥トークに持ち込んで胸とか触り始めた
    俺もなんか雰囲気にのまれて、胸とか触ってみたらノーブラでさ
    すげぇやわらかいおっぱいだったの覚えてる
    結局さわりまくった後、(…いや、友人はフェラさせてたかも?


    (暗かったんでよく見えなかった)帰宅することになったんだけど
    俺とその娘は後部座席に座ってて、その子はなんだか疲れたみたいにうつぶせに
    なってたんだけど、俺も余韻があるんでマタムラムラしてきて、チンチン出して口に寄せてったら、咥えてくれた
    前列の友人に声聞かれたら、嫌だったので声出さないように我慢してた
    そのうち俺もだんだん我慢できなくなってそのまま口の中に出してしまったんだけど
    咥えたまま、眠ってるような感じだったのでそのまま飲んだのかもしれん
    そのままの状態だとむずがゆいのでその子を起こすようなフリで、口から離して俺のモノはしまったんだけど
    絶対寝てるわけはないよな、と思う。 【友達が運転する車の後部座席でこっそりフェラしてもらった【エッチ体験談】】の続きを読む

    友人が終電無くなったということで俺の家に泊めることになったときの話。
    俺としたことが鍵を無くしてしまっている。チャイムを鳴らすが聞こえていないようなので家に居るはずの中三の妹に電話をかける。
    俺「すまん家の鍵が見つからない。開けてくれ」
    妹「うん。ちょっと待っててね」
    ちょっと待ってて、という言葉に引っかかったが言いつけ通り待つ。5分程待つと音が鳴り、扉が開いた。
    妹「おかえりー…………あっ!」
    妹はどうやら風呂上りのようで、ユルユルのキャミ一枚に下は子供っぽい綿パンツのみである。友人は背が高いので背の低い妹の胸元から乳首は見えてしまったと思う。
    妹「ごっごめんなさい!」と逃げ出してしまった。

    その朝、友人が帰ったあと妹はバツの悪そうな顔をしてこう言った。
    妹「友達来るなら来るって言ってよばかあ!」
    俺「いや風呂入ってるなんて思ってなかったしなぁ」
    妹「…もう私のいるときにあの人呼ばないでね…目合ったりすると恥ずかしいし…」
    敢えて妹には言わなかったが友人は中学生対象のロリコンである。あいつは妹の胸を見て何を思ったのか…。別に知りたくはない

    妻(美紀・33才)は、1年前から浮気している。
    美紀は私が知らないと思って毎週水曜日に、昼前から激しく抱合っている。
    36才の男とW不倫で、男が借りているアパートで会っている。
    私は半年前に、妻の目を盗んで合鍵を作り、妻達のSEXの跡を見ながらオナニー
    するのが日課である。家に帰ると妻は何も無かった様な顔で私を迎える。
    アパートには、ベッドとテーブル、テレビがある。
    ゴミ箱の中は、丸めたティッシュ・使用済みスキン・が詰めこんである。
    ゴミ箱の下にあるスキンは凄く異臭で茶色く変色している。
    ベッドの引き出しには、バイブが2本とローション(ぺぺ)・スキンが入っている。
    アナルSEXもしている。ティッシュに黄色い妻の大便が付着している。
    妻達が帰った後、部屋に入り、ゴミ箱チェックをする。
    スキン着用かを確認する。5割でスキン着用だ。
    使用済みスキンの中には、白いザーメンが入っていて、回りはヌルヌルしている。
    多いときは、スキン4枚の中にザーメンが入っていた。
    ベッドの上には数本の陰毛が落ちている。 【妻の浮気【エッチ体験談】】の続きを読む

    92:◆MEx/4CS4Gs:2006/02/05(日)02:29:28
    少しだけですが、続きです。
    すいません、PCの調子が悪く、途中から別のPCよりファイルをメール添付で送ってるのですが、
    WINとMACですので。サイズの違いとかがあるので補正してたら時間がかかりました。
    私も疲れましたので、続きはまたの機会にまとめて貼ります。ご迷惑をおかけしました。
    93:◆MEx/4CS4Gs:2006/02/05(日)02:31:01
    「カーディガンが欲しいんだけど、一緒に探してくれる?」
    エリカがあまりにも恥ずかしそうな顔をするし、可哀想になったので僕は話題を変えた。
    【JAVA】を出て、僕とエリカはフィアスコやアノニーム、ナイロン等を回った。
    「…そりゃ、スメドレーはかっこいいけど、高いからなぁ」なかなか見つからない。
    「シンジ君、モトコーだったら安いかもよ」…エリカはモトコーを誤解している、そう思った。
    エリカは片っ端から店を覗こうと提案するが、そんな事をしていると二人で過ごす時間がなくなってしまうと思った。
    「westendで見つからなかったら、諦めるよ。そこまで欲しいって訳じゃないしね。」
    カーディガンよりも二人でデートしている時間を大切にしたかった。
    「夏になったら自転車を買うの。三宮においていたら便利でしょ?」エリカは唐突に言い出した。 【「シンジ君エリカちゃんハルホちゃんミサネェ」Part2【エッチ体験談】】の続きを読む

    それは私が買い物に出かけ用事を済ませた帰り道の出来事でした。
    歩いていると車が近づき、その中から女性が「すいません○○っていうところは何処ですか?」と声をかけてきましたので私が「それでしたらこのまましばらく進んで△△の交差点を左に曲がればすぐ解りますよ」と説明しましたが、その女性は「私達この辺の地理に詳しくないから・・・」と返事が返ってきましたそして「一緒に車に乗って案内してもらえたら助かるんですが」と言うので私は少し警戒しました。見ず知らずの人なのになんでここまで言うのだろうと思いました。そして少し中の様子を見るとあと2人の同乗者がいて話しをしながらこちらの会話のやり取りをうかがっている感じでした。そしてその中の1人も「急いでいるから一緒にきてくれたら助かります。」と言うので、私は車に乗り込みました。女性達だけだったら何も無いだろうとその時はそう思っていたのです。

    車が目的の場所に近づいてきたので「この辺からだったらすぐに解りますよ。案内看板も出ていますから」と言うと突然、女性達が私の口を粘着テープで塞ぎ両手に手錠をかけると1人が「これ以上騒ぐと命の保証はしないよ」とナイフをバッグから取り出し私の顔へ押し付けてきました。そして私に目隠しをすると車は何事も無かったかのように走りだしました。この時私はしまったと思いましたがもうあとの祭りでした。
    しばらくすると車が止まり、「ここで降りるよ」と言うと私を車から降ろそうとしましたが足がふらついたせいか前へ倒れそうになりましたがすかさず2人に抱きかかえられるとしばらく歩かされました。そしてドアを開ける音が聞こえ椅子に座らされると、目隠しが外され周りをうかがっていると今までとは別の女性がもう1人入ってきました。そして私と一緒にいた女性の1人が、「目隠しは外してあげるけど手錠と、お口のテープはしばらくそのままよ」と言い放すとその女性は「今日は大人しそうな感じの青年を連れてきたのでこの子で楽しみましょう。」と後から入ってきた女性に話すと、車に乗っていた女性達も部屋に入ってくるとその女性達の眼は欲求不満で溜まっている感じの眼差しでした。
    私は衣服を剥ぎ取られるとベットの上に仰向けに寝かされ両手はベットの両端にロープでくくりつけられると、「最初は私が貰うわ。だってここまで連れてきたのは私ですもの。」と言うと私に馬乗りになり顔にアソコを押し付け「どうオ○ンコの香りと味はいいもんでしょ。」と言い私のナニを咥え、ジュブジュブ音を立てながら快楽に浸っていました。そしてこのような感じで代わる代わる私を犯しながらポラロイドカメラで写真を撮り続けていました。
    どれくらい時間が経ったか解りませんが私は服を着せられまた目隠しをされると車に乗せられ適当な場所で降ろされると、女性が「今日の事を誰かに言ったらあなたの恥ずかしい写真をばらまくわよ。5分経ったら目隠しを外して今日の事はすべて忘れなさい。」と言うと車は走り去って行きました。・・・
    それからというもの私は車に乗った女性を見るとあの日の出来事を思い出します。

    会社の後輩。
    付き合ってもいないのに「一度でいいからやらせてくださいっ!」と
    何度も拝み倒され・・・海外リゾートならイイかも〜などと悪ノリしたら、
    マジで某リゾート4泊にご招待された。唖然としつつもついて行った私ってw

    部屋に入った途端に押し倒されたが、キスだけでお預け。
    食事に行って戻って胸に触らせ、プールに行って戻って
    水着を脱がされて・・・またお預け!着替えてディナーに行くw
    軽く飲んで帰ってからがようやく本番。それも焦らしまくり。
    しっかり前戯させまくって、こっちもたまらなくなって

    28:名無しさん@ピンキー:2005/05/28(土)02:29:58
    切れちゃった。続きです。

    ようやく挿入。 【一度でいいからやらせてくださいっ!【エッチ体験談】】の続きを読む

    私の妻は結婚5年目の31歳です。顔は童顔で背はそんなに高くありませんがかえってそ
    れが幼さを増しているようで、いまだに街では独身に間違われよくナンパされています。
    そんな妻をぜひモデルにしたいと取引先のk社長から話がありました。社長とは年に数回
    ではありますが旅行などして家族ぐるみで付き合いがありました。社長はいわゆるアマチ
    ュアカメラマンで風景を主に撮っていましたが今度女性を撮ってみたいとのことで、正直
    私は戸惑いました。
    以前から貞操感の強い妻を他の男の前で晒したい、他の男たちに抱かれるとどんな顔をす
    るのか見てみたい・・そんな願望はありましたがいざ話しが来ると、どうしていいかわか
    らなくなってしまいます。
    そんな私の気持ちを見透かしてか社長は
    「撮影の様子は隣の部屋から覗けるんだけど・・見てみる?」
    まさに悪魔の誘惑です。私は即座に
    「お願いします。でも妻にはヌードとは言えません・・それでもいいですか?」
    「奥さんには嘘でも何でもついてモデルの件を承諾してもらってください。あとは何とで
    もなりますよ。」 【妻がモデルに…【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ