うちのばーちゃんは、家の電気をすぐ消す癖があります。

その日も私がシャワーを浴びていると、

「カチッ」といって風呂場の電気が消えました。

私は昔から慣れてましたので、そのままシャワーを浴びてたんです。

私は髪を洗い終わるとシャワーを止めて最後にヒゲを剃りはじめたんです。

すると、脱衣所から音が聞こえてきました。

私はまたばーちゃんと思い、無視をしていました、

すると脱衣所の電気と風呂場の電気がついたんです。

何度かばーちゃんの全裸を見た私。

今回もばーちゃんがお風呂に入ってくると思い、

顔を流し、ドアをあけるとチラっと白いタオルが見えました。

そして、足を拭くマットの上には白のパンティーが落ちていました。

うちのばーちゃんは肌色のパンツしかもっていません。

しかし、私は妹だと思い、そのままひろい洗濯機のある

玄関横のまでもっていこうと思い脱衣所をでました、

すると、そこにはタオルにくるまった知らない女の子がいました。

妹の友達です、私の右手のパンティーの持ち主です。

その子は私の右手をじっと見ていました、私はてんぱってしまい。

その子にパンティーを投げつけて部屋に入ってしまいました。

その日その右手は僕の恋人となりました。