いきなり部屋に入って来た姉にオナニーを見られてしまった。
姉はニヤニヤしながら、
「◯◯も男になってきたね!」
と言って、さっさと部屋から出た。
見られて物凄く罪悪感みたいのが沸いてしばらく姉を口が聞けなかったが、急に悔しくなり、姉のオナニーを見てやると何日も何日も待った。
自分の部屋でベッドに寝転んで、音楽もかけず、ただじっと天井を見てるだけで、隣の部屋に聞き耳を立てる毎日。
2ヶ月半後、姉と自分、2人きりの日曜午後2時、姉の部屋で微かな声がしたような気がしたので、壁に耳を当てて静かにしてると、息遣いみたいなのが聞えて来たので、これは?と思い、ベランダ側から姉の部屋を覗くと、ベッドに寝っ転がってる姉が股間に手を入れてやがった。
やった!と思い、窓ガラスをバンバン叩くと、姉が飛び起きて、窓を開けた時、
「発見!姉ちゃんのオナニー発見!」
と言ってやった。
言われた姉は顔を赤くして、
「何言ってんのよ、バカみたい」
と言うが、その言葉に自分はニヤニヤしながら
「スクープ、スクープ、梨元さん、スクープですよ!」
と言ってやった。
その後も、姉の言葉に
「公造リポーター、状況はどうですか?」
など茶化してやった。
満足感一杯で自分の部屋に戻った時、姉が自分に部屋に来て、いきなりヘッドロック。
「オラー!この事をバラすんじゃないよ!」
と言われたけど、冗談で俺が
「舐めてやろうか?」
と言うと、
「じゃ舐めてみなさい、やれるもんならやってみろよ」
と言われので、
「姉ちゃんベッドに寝ろよ」
と返すと、姉は素直にベッドに寝て、穿いていたジーンズとパンツを脱いだ。
大きくなって初めて見た姉の股間、毛が生えている姉の股間を見た時、衝撃が走った。
その後は姉の
「もっと上、横、そこそこ」
と言われ、必死に姉の股間に顔を埋めて、舐めまくった。
臭いは小便臭いのが最初したけど、そのうちしなくなった。
とにかく最初は必死に唾付けて言われるままに舐めていたが、姉は
「ううっ、うぐっ」
て言った後、身体をビクビクさせた。
その瞬間から太腿に大量の汗が滲んだので、女は逝くと汗をかくと知った。
満足した姉は
「今度は◯◯の番」
と言い、自分にジーンズとパンツを脱ぐように言い、自分のチンコをパクッと咥え込んだ。
舌で弄びながら、チンコに唾を付けてから手でシゴいてくれた。
シゴいて、根元から咥え込んで吸い上げる。
そんな事をしてるうちに姉の口内にタップリと出してしまった。
出した精液を姉は一呼吸してから全部呑み込んで、オエッオエッと吐き気を催していた。
これが姉との初体験であった。
その後も挿入はせず、シックスナインでお互いを逝きあった関係が3年間続き、自分が19歳、姉が21歳の時、初めて姉の膣に自分のチンコを生で挿入した。
姉はチンコを入れる為、基礎体温と生理を数え、安全日に初SEXするようにした。
初めて姉の膣に入れた感想は、他の人とSEXした時と同じで、特に凄く気持ち良いなど変化は無かった。
あれから2年、OLになった姉と大学の自分、兄弟でアパートを借り、住んでいるので関係は今も続いている。
お互いに彼氏、彼女が居るので姉とする時は週一、大体水曜か木曜日にやる事が多い。
中出しは一切せず、全て口内に発射、ゴックンが定番となっている。
この関係、どちらかが部屋を出るなどしない限り、続くと思う。