エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    俺は大学2回生です
    去年の夏に友達から2万お金を借りました
    そのお金を返す機会がなく月日が流れてしまい今年の1月に友達から
    「そう言えば去年貸した2万返せ」と言われた
    しかし俺には今の全財産は5000円弱ぐらいしか持ってなく
    「まだ無理やわ」と言うと
    いつもは親切な友達が「去年の夏やぞ はよ返せ」と言われた
    「もうちょっと待ってや」
    「もう限界や」
    「じゃあどないしたらええの?」
    友達の口から衝撃の一言が「お前って妹居たよな?」
    「あぁ高2の妹な」
    「それがどうした?」
    「お前の妹とセックスさせてや」
    「おい!それは流石に無理やろ」 【お金の代わりに妹が【エッチ体験談】】の続きを読む

     すいません、これはコピペです。
     去年の事です。
     故郷の親友の息子(中学3年生)が夏期講習で、我が家に来た時のことです。
     彼は東京の高校を志望しているため、お願いされたのでした。
     私は30半ばの既婚でしたが子供はいません。
     そんな事こともあり、彼を我が子の様に見ていましたが、彼にとってそうではなかったのです。
     でも、私はそんなことに気づく事はありませんでした。
     夏休み初日、彼は家に着くとすぐに、夏期講習の受付にでかけました。
     私は彼の帰りを待っている間、私はソファーでウトウトしていました。
     どれくらいウトウトしていたのかはわかりませんが、何か人の気配を感じ目を覚ますと彼が隣に座りじっと私を見ています。
    「どうしたの」
    「おばさん、僕」
    「何?」
     と、突然、私に覆いかぶさってきました。
    「だめよ、こんなことしちゃ」 【人妻と少年(親友の息子)【エッチ体験談】】の続きを読む

    お昼も食べ終わって部活がないので早めに兄さんと帰宅しました。
    きょうは帰宅ラッシュでもないのにまた痴漢に会いました。
    兄さんが気づいて私を後ろにして「やっぱりね!」といい次の駅でおりました。
    私は驚きを隠せませんでした。痴漢してた人は同じ学校の生徒でした。
    兄「なんでこんなことしてたん?」
    痴漢「スミマセン!許して下さい」
    兄「俺は聞いてるねん」
    痴漢「私ちゃんのことが好きで・・でも話す勇気もなくて」
    私「・・・」
    兄「だから痴漢したん?」
    痴漢「はい。本当にスミマセンでした。」
    私「あのもうかかわらないで下さい。」
    兄「いや、俺は許さんで!一回警察いこか」
    痴漢「(つい出来心で!と言って泣いてました)」周り注目してて恥ずかしかったです。
    そのまま兄さんは駅員さんに連れて行きました。家 【いつもありがとう2【エッチ体験談】】の続きを読む

    結構な田舎に住んでたんだけど近所に引っ越ししてきた芸術家の子連れの夫婦がいた。
    子供は女の子で中1で俺が当時中2。
    あまり子供居なかったのもあり女の子と仲良くなり何度かお互いの家でゲームしたりDVD見たりした。
    その子の家にはその子を書いた絵が何枚も飾ってあった。
    ある時その母親からアルバイトしないかと言われ二つ返事したけど実は絵のモデルだった。
    当然着衣だと思ってたが当日アトリエに行くとそこには女の子のヌードデッサンなんかも飾ってあったりして、当たり前にヌードだと言われて驚いた。
    ちん毛がそこそこ生えてからは誰にも見せたこともなかったから無茶苦茶恥ずかしかったが先払いでお金貰ってて使ってしまった後で後には引けなかったな。
    その母親とその知人らしい女性二人の前で脱ぐと特に目立った反応なく淡々と時間が過ぎて行ったな。
    1番最初はただひたすら恥ずかしくて天井の角見てたら勃起しなかった。
    でも休憩して次の時にポージングで3人の姿が見えるとさすがに勃起したよ。
    勃起しだすと顔がニヤけてたけど、何も言われたりはなかった。
    終わった後で少し言われたけど、その程度。
    剥けてない、包茎って事は当事そんなに気にしてなかった。
    それより陰毛生えてから男女問わずで初めて他人に晒した事が無茶苦茶恥ずかしかった。
    その後暫くしてまた誘われたけど断ってしまって少し間が開いたけど、高校になってからバイト代一気に上げてくれて2回やったな。 【デッサンモデルアルバイト【エッチ体験談】】の続きを読む

    プールの授業でのことです。 僕はプールの授業で女子の更衣室に忍び込み好きな子の下着をほしかったので、その日は体調不良で見学になりました。授業が中盤に差し掛かったころに、僕はトイレに行くふりをして女子更衣室に忍び込みました。しかし、ここで誰のがどれかいちいち確認しないといけないので、できるだけ早く済ましたかったのですが、誰かが来てしまいました。
     
    入ってきたのはMで、最初はびっくりした表情だったが、次に「なぜいるのか」と聞いてくるのではなく、「ばらされたくなかったら言うことを聞いて」と言ってきたのである。Mは真面目で大人びた子だった(体は子供だが)見逃してくれるかと思ったが予想外でこっちはパニックだ。
     
    そしてMは「ちん○ん見せてくれたら黙っててあげる」というハードな条件を出してきた、しかし僕はマゾよりだったので少し嬉しかった。トイレへの個室に移動して、僕はパンツを下ろしたと同時に僕のフル勃起ちん○が勢いよく飛び出た。Mはビクッとしてかわいかった。そして目を丸くして脈打つちん○を10秒間程まじまじと見つめてきた。Mには彼氏が何度かいたが、ヤったことはないのだろう。
    そしてMは顔を真っ赤にし僕に「オ○ニーして」と恥ずかしそうに言ってきた。僕は「せるだけじゃないの!?」といったら、Mは僕のちん○を握りしごきはじめた。そして僕は興奮のあまり20秒もせずMの顔に思いっきり射精した。Mが出る瞬間の脈動をぎゅっと抑えるように握るのでイってるときは搾り出されるようだった。その後手コキを2度もされた。

     ぼくは高2、姉キは高3です。  こないだの晩、寒かったので姉貴が「寒い。一緒に寝よ」とぼくの布団にもぐりこんできました。うっといなと思いましたが、入ってきたら体があったかいので、どっちともなくくっついてたら、「ねえ抱きあおうか」というので姉貴の体を抱きしめました。  うすいパジャマなので体が熱いし大きな胸(Dカップ)が柔らかくてすごく気持ちよくて、ぼくがすぐにビンビンになってしまいました。 あそこがあたるので、「たっちゃったん?」と姉貴は笑って、あそこを押し付けてくるんです。  「胸やらかいな」というと、「ブラしてないし。」といって、胸も押しつけてくるので、ぼくは強く抱きしめると、姉貴も抱き返してきました。
     おたがい姉弟なのに、興奮してました。  姉貴が最初にぼくにキスしてきて、それからはげしいキスになりました。ぼくはファーストキスでした。
     夢中でベロを入れてキスしながら胸をもんだら、姉貴もぼくのをパジャマの上からにぎってもみました。
    「かなりおっきいじゃん!」
    「ねえちゃんもでかい」
    「Dカップだよ」  もうおたがい、興奮しまくって、「ねえ、しよか」「うん!」とお互いにすっぱだかになり、はげしく入れあいました。ぼくのちんぽが姉貴のまんこに入って、ものすごく気持ち良くって、あっという間に姉貴の中に出してしまって、「ねえちゃん、ごめん」というと「いいよ。大丈夫だから」といって、体位を変えて、もう3回、姉貴の中に出しました。ぼくは初めてでしたが、姉貴は経験済みでしたかったみたいです。  終わってしばらく抱きあってキスしてました。気持ちよくってはだかで抱き合ってから、「気持ちよかった! またしよね」と姉貴はマンコをティッシュ拭いてパジャマを着て、自分の部屋に戻っていきました。

    美和子物語 吉井さんと英国旅行 昼も夜もおつかれで・・・

    五月の中旬から英国へ7日間の小旅行をしました。
    ロンドンでは王立植物園で二日、プリストル空港からはペンザンス迄はレンタカーで出かけました。
    沈む夕陽を眺めるためです。

    西海岸を経て、ホリーヘッド、リバプールまでレンタカーで。十分に自然を満喫しました。
    交代でハンドルを握りながらのんびりとしたドライブでした。

    自然の風景が心を和ませてくれました。
    それぞれの場所で夕食後はベッドのお楽しみでした。
    日本にいるときには一週間に一度程度の仲良し会ですが、旅行中は毎日が仲良し会でした。

    ベッドルームに入ればお洋服をぬぎ去ってお互いをむさぼり合いました。
    ブラを外して、ショーツも脱がせていただきます。 【美和子物語 吉井さんと英国旅行 昼も夜もおつかれで・・・【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺(38歳)、嫁(34歳)小柄のせいか20台に見える童顔
    おっとりしていると言うか天然
    子供は3人 10年前にマイホームを購入
    結婚12年目
    今でも、かなり仲良し(Hは週2回位)そんな我が家に、仕事の夏休みを利用して、嫁の妹Kちゃんと
    彼氏のT君が、遊びに来たKちゃんは、家庭的でおとなしい嫁とは対照的に、元気で社交的な31歳
    彼氏のT君は、おとなしい感じの長身イケメン 25歳T君の車から、荷物をおろすと
    早速、全員で近所の海水浴場へ海では、子供の面倒を、KちゃんとT君が見てくれたので
    俺は、若い女の子達の水着姿を眺めて、目と心の保養につとめた昼を過ぎて、混雑してきたので
    食事をして家に帰ったシャワーを浴び、子供達は昼寝
    大人達はお菓子をつまみに、ビールを飲むことになった2~3本飲んでいると、
    朝早く出てきた事や、子供と
    一緒に海水浴をした事などの
    疲れでT君が、眠り始めてしまった余り、騒ぐのも悪いと思い
    俺はKちゃん達が、持って来てくれた土産のダンボール箱を 【嫁の妹 のぞき編【エッチ体験談】】の続きを読む

    俺が小2の時に隣に住んでいて俺の面倒をよく見てくれていた3つ上の幼馴染のお姉ちゃんが引越しすることになりその当日俺の家にあいさつに来たとき俺は号泣した
    寂しさもあったが俺はお姉ちゃんが好きだったから余計涙が出てきた
    そんなお姉ちゃんは目に涙を受べながら俺を慰めてくれてほっぺたにキスをしてくれた
    それからお姉ちゃんとは会っていなかったが俺が高1の時のことだった
    「あれ~ユウキ君?」
    俺の名を呼ぶ声が聞こえ振り返るとお姉ちゃんが笑顔で手を振って立っていた
    「あぁ~久しぶり」
    それは8年ぶりの再会だった
    「ユウキ君大きくなったね」
    「お姉ちゃんこそ」
    「今学校の帰り?」
    「うん お姉ちゃんは?」
    「私も大学の帰り 今一人暮らししてるの」
    「え~そうなの」
    「今日暇? 暇なら家に遊びに来ない?すぐそこだから」 【8年ぶりに再会した3つ上の幼馴染と【エッチ体験談】】の続きを読む

    受験が終わり僕達はたっぷりと時間が出来た。
    毎日のようにA、B、C、Dがうちに遊びに来るようになった。逆にそのせいで絵里との時間が減ってしまいセックスの回数も減ってきた。ただ、Cが持ってくる様々な無修正のDVDを借りることができたのでオナニーのネタには困らなかった。DVDに出てくる女性を絵里に見立てて1日に3回以上オチンチンをシコシコと扱いて射精していた。たまたま誰も遊びに来ない日があり、僕はすぐに絵里の家に電話をかけ絵里を誘った。
    絵里も嬉しそうに「シャワーを浴びてからすぐに行くね」と言ってくれたので、絵里もやる気満々だと思い僕も急いでシャワーを浴び、丹念にオチンチンを洗って絵里が来るのを待った。絵里が来ると僕はすぐに部屋に上げた。絵里はコートを脱ぐと2月という寒い季節なのに超ミニスカートだった。それだけで僕は興奮し絵里に抱きつき舌を絡め太ももを摩った。
    「もう我慢できなかった。ずっとしたかったの」と絵里も我慢の限界だったらしい。
    僕はもっとこの場を盛り上げようと、「Cから借りたDVDがあるんだ。観ようよ」と絵里の返事を待たずDVDを再生した。
    絵里と並んで座り僕は絵里の服の上からオッパイを揉んだり、太ももを摩ったりした。
    絵里も僕のジャージの上から大きく硬くなったオチンチンを摩りながらDVDを観ていた。お互いが興奮し始めた頃、絵里が「DVDみたいにしてみようよ」と言い僕を脱がし全裸にさせた。僕も絵里を全裸にさせた。
    絵里はDVDの女性がするのと同じように、オチンチンをしゃぶりながら玉を手で転がしたり、カリに沿って舌をはわせたり。シコシコしながら玉を舐め、口に含み転がしたりした。しまいにはお尻の穴まで舐めながらオチンチンを扱いてくれた。
    今までのフェラではここまでしてくれなかった。気持ちが良いのと絵里がそこまでしてくれる行為でかなり興奮し、お尻の穴を舐められながら「うぅ!いくよ!」と言って射精した。
    今までとは比べ物にならないくらいの快感。電気が走ったようなり精液も僕の胸の辺りまで飛んだ。
    僕にかかった精液を絵里は綺麗に舐め、吸ってくれた。精液だらけのオチンチンも綺麗にしてくれ、
    「気持ちよかった?カズにはもっと気持ちよくなってほしいよ」と言いながら、オチンチンに残った精液をチュウチュウと吸ってくれた。僕もお返しに絵里のオマンコを丹念に舐めた。クリトリスを吸いながら指を入れたり出したり。
    DVDでしているように手マンで激しくGスポットを刺激した。絵里も今までにないくらいの泣くような声で喘いで感じてくれて、僕の手マンでいってくれた。DVDのように潮は吹かなかったが、オマンコから太ももまで愛液でビショビショになっていた。さっきいったばかりの僕のオチンチンは、すでに勃起し上を向いていた。
    それを見て「ハァハァもう、ハァ元気にハァなっちゃってる」と激しい吐息をしながら絵里は僕にこっちに来てと言う様に両手を広げて誘ってきた。
    僕は絵里に抱きつくと絵里は僕のオチンチンを握って自分のオマンコへ導いて挿入しようとした。 【親友(中出し)【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ