エッチで抜ける体験談

オナニーのおかずになるような抜けるエッチな体験談をまとめています。画像や動画ではなく文字で抜きたい人におススメです

    俺、嫁共に28歳、子供小1のが一人。

    嫁スペックは身長162でまぁやせ型かな?
    胸はCよりのDとか。

    嫁には内緒の寝取られ癖だったんだけど、
    嫁の悩みがきっかけでopenすることに。

    その悩みってゆーのが自分の勤めてる病院の入院患者
    なんだけど、とにかくラブコールがしつこいってこと。

    そこでもうここしかないと俺の願望をカミングアウト。
    その患者に抱かれてくれないか、と相談したけどもちろん
    「冗談じゃない」と一蹴される。
    【嫁を他人の男に抱かせました【エッチ体験談】】の続きを読む

    今日は貸出し相手さんと初めて懇親会で
    某バイキング旅館に3人で来てます。

    「やっと会えて嬉しいですよ」
    「そうですね、でも緊張しますね」

    「私の隣に奥さん座ってる感じどうですか?」
    「んー、やっぱり違和感ありますね」
    「まー今日は楽しくやりましょうね」

    なんて会話で、1時間もすると私も緊張ほぐれて、
    嫁と相手はいい感じに酔ってます。

    このあと二人はするんだけどね、寝ないでくれよ
    【嫁が抱かれているところを見学しました【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    しっかりとした黒さのビラを広げてクリを舐めると、
    ピクピクと反応し声は出ないが吐息が漏れてきたので挿入。

    抱き着いて「中に出させて」と言ってみる。
    「(部下)出すときは名前を呼んでくれると嬉しいです」。

    ゆっくりと動かして中の感触や締まり具合を堪能し、
    徐々に速く動かす。

    若いが締まりは普通だと思う。
    すぐに出そうになったので対面座位でディープキス。

    部下が密着させたまま腰を動かす。 【宮司愛海アナ似の部下OLとセックスした 続続編【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    部下のアパートで2発。
    1回目は中折れ無し。
    やっぱり若くて可愛い娘だと違うね。

    2回目はケツの穴見ながらどくどく注入した。

    部下のアパートから出社。
    彼氏からのモーニングコールで起床した部下に、
    着る服を着せたり脱がしたりして、陰毛や乳首の位置を記憶する。

    勃起してしまったので朝は勘弁して、という部下に立ちバック。
    中だしはやめて下さいと言うので振り向かせて口に発射。
    【宮司愛海アナ似の部下OLとセックスした 続編【エッチ体験談】】の続きを読む

    50代なんだか20代前半の部下とやっちまった。
    彼氏は社内にいる。

    反省しても遅いが困った。部下は後悔してないようで、
    また行こうと誘うのを断るのも大変気を使う。

    久々の若い娘だった。 普段は凛とした人。
    体じゅう観察させてもらった。

    飲み過ぎで中折れしたら、ゴム外してフェラ後
    自分で入れてきた。

    当然そのまま出したが、それも後悔してるんだよね。

    スペックは身長158でBカップ。男性経験は俺で7人目。 【宮司愛海アナ似の部下OLとセックスした【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    後輩の首にぶら下がりながら、結合部分を見つめる二人。

    「ズッポリ入ってるね」
    「うん・・・もういっぱいいっぱい」

    「気持ち良い?」「うん」
    「どこが?」「全部」

    ここで三度目の電話。勿論俺から。
    画面の中に感情移入している俺は、
    邪魔するな、と思ってしまった。

    俺自身、この時点でもうわけわからん状態。 【嫁を後輩に寝取らせました 続62編【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    あんま会話が無いのは、その時点でまだ後輩が
    多少は動揺していたからだと思う。

    次に声を掛けたのは嫁からだった。
    「まだ、出来そうだね」
    後輩の下半身を見て、嫁はボソッと言った。

    そしたら後輩は何も言わずに起き上がり、嫁にキスをした。
    軽く、でも笑うことなく、何度も何度も。

    横からのシャツの中に手を入れて乳房を揉むと、
    嫁が恥ずかしそうにうつむく。
    【嫁を後輩に寝取らせました 続61編【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    後輩がピストンする度に、胸は勿論だけど、
    お腹とか太ももが小刻みにぷるぷる波打ってて。

    後輩の袋が嫁の太ももに擦れる所とかに、
    微妙に反応する俺の下半身・・・

    嫁が「イグゥ!」と言いながらガタガタ震えだした。

    こっち向いた嫁のお腹が、凄い勢いで膨らんだり収縮したりしてて、
    本気イキの凄まじさというか、恐ろしさすら感じた。

    いってる途中、震えたままの状態で正常位になって
    そのまま激しいピストン継続。 【嫁を後輩に寝取らせました 続60編【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    「嫁ちゃんのおへそ、深いから取りづらい」とかクスクス笑いながら
    後輩がティッシュで拭いてあげてて、「携帯、返してくれないの?」
    と言ったら嫁が無言で立ち上がりリビングへ。

    それを待っている間、後輩が自分のペニスを拭いている。
    嫁はバスタオルで身体隠して携帯を返しに戻ってきた。

    「なんで隠してるの?」
    「恥ずかしいから」

    「今更?」
    「そう今更。シャワー浴びるし」
    このやり取りで勃起した俺は変だろうか? 【嫁を後輩に寝取らせました 続59編【エッチ体験談】】の続きを読む

    前編は以下のとおり

    リズミカルなピストン運動に合わせて、嫁の胸がゆっさゆっさと
    上下に揺れていた。

    時折ピストン止めて、じっと見つめ合って、そしてまた再開して、
    また止めて・・・を繰り返す二人。

    嫁がクスクス笑いながら「なに?」と聞くと、
    「嫁ちゃんって本当に可愛い顔してるよね」と褒める後輩。

    「ばっかじゃないの」
    「でも自覚してるでしょ、自分が可愛いのって」

    「後輩くん、何かあったの?クスクス」 【嫁を後輩に寝取らせました 続58編【エッチ体験談】】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング ブログパーツ